このウェブサイトのクッキーは無効に設定されました。より快適にご利用いただくためには、クッキーの設定を有効にしてください
ご利用のウェブブラウザをアップグレードしてください
サポートされていないブラウザを使用しています。このサイトを最大限にお楽しみいただくには、サポートされているブラウザを参照 してください。

動物と一緒のご旅行

お客様のペットは大切にお取扱いします。安全性と快適さを最も重視します。

キャセイパシフィックまたはキャセイドラゴンでの補助犬とのご旅行に関する詳細は補助犬のページをご確認ください。

注意:旅程内にキャセイドラゴン便を含む場合、ペットをお連れになるお客様は、お近くのキャセイドラゴン貨物事務所までお問い合わせください。キャセイドラゴンではペットを受託手荷物としてお預かりすることはできません。必ず貨物としてお預かりする必要があります。

 

受託手荷物

キャセイパシフィックのフライトでは、ほとんどのペットは受託手荷物としてお客様と同じフライトをご利用になれますが、ご旅行先の国によっては一定の制限が設けられていることがあります。各国の規定により必要とされる書類がすべて揃っていることを忘れずにご確認ください。

視覚や聴覚の障害をお持ちのお客様、お体が不自由なお客さまで常に補助犬の付き添いを必要とされる方は、機内に補助犬をお連れになることができます。補助犬として受け入れられるための諸条件については詳細をご覧ください。

他社便へのお乗り継ぎがある場合、ご利用になるすべての航空会社にてペットのご予約が確定していないと、最終目的地まで通しでペットをお預かりすることができません。確認ができていないと、トランジットの際に困難な状況が発生することがあります。

お預かりできないペットの種類

全てのお客様の安全のため、機内にお連れになれないペットの種類を定めています。

また、飛行に伴う健康へのリスクを考慮して、短頭種(鼻が平たい、鼻口部が短い、顔が平たい)の動物は受託手荷物でも貨物扱いでもお預かりできませんのでご了承ください。

Fighting breeds of dog

  • American Pit Bull
  • American Staffordshire Terrier
  • Dogo Argentina
  • Fila Brasiliera
  • Japanese Tosa

短頭種の犬

  • アーフェン・ピンシャー
  • ボストン・テリア
  • ボクサー
  • ブリュッセル・グリフォン
  • ブルドッグ
  • キャバリアキング・チャールズ・スパニエル
  • チャウチャウ
  • ドッグ・ド・ボルドー
  • イングリッシュ・トイ・スパニエル
  • ジャパニーズ・チン(ジャパニーズ・スパニエル)
  • ラサアプソ
  • マスティフ(すべての品種)
  • ペキニーズ
  • パグ(すべての品種)
  • シャーペイ
  • シーズ―
  • スタッフォードシャー・ブルテリア
  • チベタン・スパニエル

闘犬(闘犬として訓練されている犬)

  • アメリカン・ピット・ブル・テリア
  • アメリカン・スタッフォードシャー・テリア
  • ドゴ・アルヘンティーノ
  • フィラ・ブラジレイロ(ブラジリアン・ガード・ドッグ)
  • 土佐闘犬

短頭種の猫

  • ブリティッシュショートヘア
  • バーミーズ
  • ヒマラヤン
  • ペルシャ
  • エキゾチック・ショートヘア
  • スコティッシュフォールド

韓国リス(キタリス)

スカンク

ペットとのご旅行の前に

ペットがお客様と同じフライトでご旅行できるよう、ご出発の48時間前までお近くのカスタマーセールスセンターまでご連絡ください。ペットをお預かりするスペースを確保できるか確認いたします。

ご予約の際は、以下の情報をご準備ください。

ペットの旅行用ケージ

移動中、ペットがリラックスして過ごせるよう、快適なケージをご用意ください。ペットのニーズはそれぞれ異なるため、ケージの選定はお客様にお任せしています。そのため、空港ではケージを販売していません。空港にお越しになる前に、ケージに紐をかけてしっかり結んでおくことをおすすめします(以下の図の通り)。

紐を掛けた動物用ケージ

ペットのケージは清潔で施錠可能であり、脱出防止、水漏れ防止策がとられていることをご確認ください。また、呼吸ができる空気孔も必要です。ペットが無理なく、立ったり方向転換をしたり、横たわれるスペースが必要です。ペットのケージが要件を満たしていない場合は、機内へのお持ち込みをお断りすることがあります。

犬用ケージの素材


    強化ガラス繊維、硬質プラスチック、溶接金属の金網。木製は使用できません。

猫のケージの素材


木材、強化ガラス繊維、硬質プラスチック、溶接金属の金網。

ケージのサイズ

ケージサイズの計算方法

  • 長さ:鼻先から尻尾の根元まで  + ½ B
  • 幅: ペットの体で幅が最も広い部分
  • 高さ: 地面から耳の先または頭のてっぺんまで、いずれか高い方。ペットが自然な姿勢で立ったときに耳がケージの天井に触れてはいけません。
ペットのケージの寸法はペットの体の大きさにより変動します。長さは、ペットの鼻先から尾のつけ根までの長さに、肘から地面までの長さの半分を足したもの同じです。幅はペットの体の最も幅が広い部分の2倍と同じです。高さは地面から耳の先または頭のてっぺんまで、いずれか高い方と同じです。ペットが自然に立った状態でペットの耳がケージの上部に触れてはいけません。

凡例

A - 鼻先から尻尾の根元まで
B - ひじから地面まで
C - ペットの体で幅が最も広い部分
D - 地面から耳の先もしくは頭のてっぺんまで、いずれか高い方。ペットが自然な姿勢で立ったときに耳がケージの天井に触れてはいけません。

ケージサイズの計算方法

奥行きはA + Bの2分の1
幅はCの長さの2倍
高さはD

ペットに適したケージの寸法に関する詳細は、 IATA Traveller’s Pets Corner をご参照ください。

出発前

ペットが健康で、旅行をしても問題がないことを確認してください。ご自宅を出る前にえさと水を与えてください。また、フライト中に退屈しないよう、ケージの中にはペットのお気に入りのおもちゃを入れてください。

料金はいくらですか?

受託手荷物としてお預かりするペットは、お客様に認められる無料手荷物許容量に含まれません。料金はこちらからご確認いただけます。

空港での手続き

ご出発の3時間前までに、空港でチェックインをお済ませください。ペットの渡航に必要なすべての書類の原本をお持ちください。

貨物室

1. その後、飛行機の貨物室内にペットを搭載します。

コンパートメント内

2. 適切な気温、十分な通気を確保いたします。

到着

3. 到着時は、ペットを特別な手荷物として取り扱い、速やかにお客様にお引き渡しいたします。

詳細情報

ご出発前に、すべての必要書類をご用意いただき、ご使用のケージが図例通りの要件を満たしていることをご確認ください。また、ご出発48時間前までにお近くのカスタマーセールスセンターにご連絡いただき、ご利用のフライトでペットをお預かりできるか必ずご確認ください。

カスタマーセールスセンターの連絡先を見る