ご利用のウェブブラウザをアップグレードしてください
サポートされていないブラウザを使用しています。このサイトを最大限にお楽しみいただくには、サポートされているブラウザを参照 してください。
予約 キャセイパシフィック航空 サイトメニューを見る

スポーツ用品

スキーまたはスケートボードなどのスポーツ用品をお持ちのお客様は、手荷物に関するガイドラインをよくお読みください。ご利用の区間によってご利用規約が異なります。

ガイドラインを見る

米国、ニュージーランドのフライトの手荷物許容量は、他の行き先と異なる規定を設けていますので、ご注意ください。

お預けになるスポーツ用品は、受託手荷物許容量の一部としてみなされます。

ほとんどの目的地へのフライトに関しては、定められている受託手荷物の重量およびサイズ制限に従ってください。 制限を超える場合は、超過手荷物に対する追加料金が発生します。

特別な規定および規則

一部のスポーツ用品は、受託手荷物としてお預けになる前に満たしていただく条件があります。

自転車を持ち運ぶお客様は、フライト出発72時間前までにカスタマーセールスセンターにお知らせください。以下の条件を満たしていれば、自転車を受託手荷物の手荷物許容量に含めてお預けいただけます。:

  • 一人乗りのツーリング用もしくは競輪用自転車でモーターのついていないもの1台
  • 自転車のハンドルが横向きに固定すれている、またはフレームと平行に固定されている、もしくは発砲スチロール素材等のカバーで覆われていること
  • 自転車のペダルが取り外されている、もしくは内側に固定されている、または発砲スチロール素材等のカバーで覆われていること
  • タイヤの空気が抜いてあること
  • 頑丈な輪行袋(自転車専用収納袋)または輪行箱(自転車専用収納ダンボール)に梱包されていること。チューリッヒ空港からご出発の場合、お預けできる自転車の輸行箱に制限があります:高さ100cm(39インチ)以内

雪崩救助用バックパックは、受託手荷物および機内持ち込み手荷物としてお持ち込みただけます。この際は、グローバルコンタクトセンター(日本)にて事前予約が必要です。 バックパックが誤って動作することがないように梱包してください。 バックパック内のエアバッグには、圧力開放弁が装備されている必要があります。

米国運輸省規則2.2類で定義される圧縮ガスのカートリッジを含む救援用パックパックは、同規則1.4S類で規定される正味重量200mg以下の火薬類を含む火工品トリガー機構が備え付けられているものでなければなりません。チェックインの際にお持ちのバックパックのデータシートをご提示ください。

注意点 雪崩救助用バックパックのお預けまたは機内へのお持ち込みはお一人様1点までです。
詳しくは、グローバルコンタクトセンター(日本)までお問い合わせください。

次のサイズや数を超えないもの:

  • ライフルケース1つ(中にライフルは2本まで)、弾薬5kg(11ポンド)、シューティングマット1つ、消音器、スモールライフルツール
  • ショットガンおよびショットガンケース2つまで
  • ピストルケース1つ(中にピストルは5本まで)、弾薬5kg(11ポンド)、消音器、テレスコープ・ピストル1つとスモールピストルツール

銃砲類を手荷物として持ち込む場合は、禁制品のページをご覧のうえ​グローバルコンタクトセンター(日本)に詳細をお知らせください。