ご利用のウェブブラウザをアップグレードしてください
お使いのブラウザはサポートされていません。当サイトを最適な状態で閲覧できるよう、ブラウザをバージョンアップされることをおすすめします。サポートされているブラウザの一覧をご確認ください。

カーボンオフセットプロジェクトについて知る

私どものプロジェクトは、二酸化炭素排出量を削減するだけでなく、途上国の人々の健康増進などにも貢献しています。現在のプロジェクトでは、バングラデシュでの調理方法の改善とインドでのクリーンエネルギーの創出に取り組んでいます。

バングラデシュのボンドゥチュラ調理用ストーブ

バングラデシュに住む1億6千万人のうち90%の人々の家庭では、石を組んだ直火で調理をしています。それはエネルギーを浪費するだけでなく、そこから発生する煙により年間45,000人以上の人々が亡くなっています。

ボンドゥチュラ、別名「フレンドリーストーブ」は、燃料消費量を効率的に削減し、煙突を通じ家から有害な汚染物質を排出するよう設計されています。このプロジェクトでは、地元の起業家たちがストーブを生産し、配布しています。燃料消費量を約50%削減できるため、家庭では可処分所得が増え、健康増進にもつながっています。

インドの有機食品廃棄物からクリーンエネルギーを発生

インドでは電気が通っていない環境で暮らす人々が推定2億4千万人います。電気が通っている環境の人々もまた、電力の低下や頻繁に起こる停電に悩まされています。そのため住民は天然資源に燃料を頼ることになりますが、これは健康だけでなく、地域の環境にも害を与える可能性があります。

私達のプロジェクトでは、インド全土に15,000を超えるバイオ燃料を配給し、薪や電力などの化石燃料に代わる燃料として利用されます。これらは調理用ガス、熱、さらには大規模ユニットでの電気の生産にも使用できます。貧困家庭はこれによって、燃料費の節約とクリーンな空気の恩恵を受けることができます。ユニットで生成されたスラリーは有機肥料としても使用できるため、化学肥料の使用を減らすことが可能です。