ご利用のウェブブラウザをアップグレードしてください
お使いのブラウザはサポートされていません。当サイトを最適な状態で閲覧できるよう、ブラウザをバージョンアップされることをおすすめします。サポートされているブラウザの一覧をご確認ください。

受託手荷物許容量

リチウム電池はどのように梱包すればよいですか?

リチウム電池が内蔵されている機器の電源は必ずオフにしてください。その際、機器が手荷物内で誤って作動することがないよう対策を講じてください。機内持ち込み手荷物でのみ持ち運びが認められている予備用リチウム電池は、電気のショートを防止するため、露出した端子をすべて保護してください。リチウム電池を手荷物に入れる際の注意事項の詳細をご確認ください。