ご利用のウェブブラウザをアップグレードしてください
お使いのブラウザはサポートされていません。当サイトを最適な状態で閲覧できるよう、ブラウザをバージョンアップされることをおすすめします。サポートされているブラウザの一覧をご確認ください。

新型コロナウイルス(COVID-19)に関するよくあるご質問

フライトに関して

機内の空気が清潔に保たれる方法をご覧ください。

客室

ご旅行での健康関連用品の携帯については、下表をご参照ください。

 

種類 機内持ち込み可能 受託手荷物としてお預け可能 機内持ち込み/受託手荷物の制限
療マスク、N95医療マスク、ゴーグル、防護服  
消毒剤 - アルコールを含む消毒剤(手洗い消毒ジェルや抗菌シート、消毒用アルコールなどを含む)

機内持ち込み手荷物:
それぞれが100ml以下であること。100ml以下の容器に入れ、容量1リットル以下の透明で再封可能なプラスチック製の袋に収まった状態であること。

受託手荷物:
受託手荷物の中へいれてください。お一人様につき最大2KG/2Lまで、またそれぞれの製品(容器)の容量は最大0.5KG/0.5Lまで。

消毒剤 - 酸化液またはブリーチ剤などの過酸化剤 X X これらの消毒剤は禁制品扱いとなり、受託手荷物または機内持ち込み手荷物としてお持ちになれません。ブリーチなどの酸化消毒剤は機体に損傷を与える恐れもありますので機内での使用は禁止されています。
温度計 - 水銀体温計 X 水銀体温計はお一人様につき一点のみ。保護ボックスに収納された状態で受託手荷物としてのみ可能。
温度計 - デジタル体温計

デジタル温度計がリチウム電池を使用している場合、100Wh以下/リチウム含有量2g以下であること。

デジタル温度計が内蔵型リチウム電池を使用している場合、お一人様15個まで機内または預け入れ手荷物で輸送できます。

受託手荷物に入れる場合、完全に電源を切った状態で(スリープモードや低電力モード等は不可)損傷を受けないよう保護されていること。

機内の安全対策の一環として、ご搭乗の全てのお客様に除菌シートとマスクが入ったキャセイ・ケア・キットをご提供しています。また、全てのお手洗いにも除菌石鹸と除菌ジェルをご用意しています。

全てのフライトにおいて、個人用テレビモニター(PTV)などのスクリーンから空調設備のコントローラーまで、数多くの備品の表面の徹底的な消毒を実施しています。またフライト中はキャビンクルーが毎時間、お手洗いの清掃を行います。詳細は「キャセイケア」ページをご覧ください。  

全てのフライトにおいて、可能な限り物理的距離の確保に努めています。ご搭乗のお客様の人数により、可能な限り中央の座席を空けるなどの対策を講じています。

また現在は全てのフライトにおいて後方3列の使用を中止し(ご搭乗のお客様の人数によります)、万が一機内で具合の悪いお客様がいらっしゃる場合にお使いいただけるよう準備されています。

機内清掃はいつても私どもにとってサービスの重要な一部です。キャセイパシフィックは英国スカイトラックス社の調査の機内清掃部門においてワールドベストエアラインの上位10社に5年連続でランクインしています。

座席、ギャレー、お手洗いを含む客室内の清掃と消毒は、厳格な基準によりなされております。これには、個人モニターのスクリーン、食事用テーブル、乳児用バシネットのテーブル、座席周りの肘掛けなど、数多くの備品の表面の徹底的な消毒も含まれます。トレーニングを受けた清掃スタッフは最新の衛生、清掃手順を熟知しており、IATAおよびWHOが推奨する製品を使用して行われています。

万が一コロナウイルス感染の確定症例が確認された場合、追加のディープクリーニングと消毒を実施します。トレーニングを受けたスタッフによって、全ての清掃業務を最大5時間かけて実行しています。

詳細は「キャセイケア」ページをご覧ください。 

弊社の航空機には、高規格のHEPAろ過フィルターが装備されています。

  • 空気の99.999%のほこり粒子と、ウイルスやバクテリアなどの不純物をろ過
  • 毎2分ごとに循環
  • 病院の手術室や工業用のクリーンルームで空気を清潔に保つために使用されるものと同等のレベルの効果があります

キャセケイア」ページにてご旅行の全ての行程における対策をご覧ください。

お客様とクルーへの対応

現在、ガイドラインにのっとり、全てのフライトにおいて後方3列の使用を中止し(ご搭乗のお客様の人数によります)、万が一機内で具合の悪いお客様がいらっしゃる場合にお使いいただけるよう準備しています。

現地保健機関と連携し、経路追跡のため乗客とクルーの連絡先情報などを提供します。


フライトの運航に関わった全てのクルーと地上職員は感染の可能性があるため経過観察が義務付けられます。感染者と濃厚接触があったスタッフには14日間の出勤停止を命じ、自宅または政府によって提供される隔離施設にて保健機関によるアドバイスのもと14日間隔離されます。

乗客の感染が確認された場合は、じゅうぶんな注意のもと、追加の機内清掃と除菌が行われます。


機内設備の表面は業者推奨の除菌剤を使用して消毒します。座席周辺とお手洗いには特に細心の注意を払い、また貯水タンクも徹底的な消毒を実施します。

 

全ての香港のキャセイパシフィックの空港職員とクルーに対して、香港の感染監視プログラムのもと、検査を受ける体制を整えています。現在検査の受診は任意ですが、弊社従業員には検査の受診を促しており、フロントラインのスタッフより理解と協力を得られています。

お客様とクルー、弊社スタッフの健康と安全は私どもの最優先事項です。「キャセイケア」ページにて私どもが講じている予防措置と安全対策をご覧ください。

機内サービス

機内食は最高レベルの食品安全基準を満たす方法で準備されています。香港そして世界の規制当局が求める食品の準備と保管手順の基準を遵守しています。

お客様の健康を第一に考え、すべてのクラスで飲み物と機内食の配布方法を変更していますが、フライトでは機内食や軽食を引き続きご提供しています。また、キャビンクルーはマスクと手袋を着用させていただきます。現在シートポケットの機内誌などの配布は停止しています。


キャセイケア」ページにて詳細をご確認ください。

はい、ご自身で用意されたお食事やお飲み物をお持ち込みになれます。

ただし、衛生的観点から、ご自身で用意されたお食事を機内で温めるなどの対応はできかねますのでご了承ください。

また、目的地の国における検疫や税関の制限によっては、ご自身で用意されたお食事やお飲物を持ったままでの入国ができない場合もありますのでご注意ください。