このウェブサイトのクッキーは無効に設定されました。より快適にご利用いただくためには、クッキーの設定を有効にしてください
ご利用のウェブブラウザをアップグレードしてください
サポートされていないブラウザを使用しています。このサイトを最大限にお楽しみいただくには、サポートされているブラウザを参照 してください。

アメリカ、オーストラリアおよびニュージーランド線におけるパウダー類の機内持ち込み制限について

最終更新日: 2018年6月28日 13:30 日本時間(GMT+9)

アメリカ、オーストラリアおよびニュージーランド線におけるパウダー類の機内持ち込み制限について

2018年6月30日より、アメリカ運輸保安局(TSA)、オーストラリア総務省ならびにニュージーランド民間航空管理局は、一部のパウダー類の機内持ち込みに対する新たな制限の適用を開始しました。

 

<アメリカ合衆国行きのフライト> 
アメリカ合衆国行きのフライトをご利用のお客様は、パウダー類(例:小麦粉、砂糖、粉コーヒー、スパイスなど)は12オンス(350ml)未満の場合のみ機内にお持ち込みいただけます。香港をご出発前に、搭乗口にて追加の保安検査がございます。(CX888便バンクーバー経由ニューヨーク行きのフライトにてアメリカ合衆国へご出発のお客様はバンクーバーにて追加の保安検査がございます。)

乳児・幼児用粉ミルク、常備薬、ご遺灰は、12オンス(350ml)未満の制限の対象外です。パウダー類の免税品は密閉式のビニール袋(ICAO様式のSecurity Tamper Evident Bag)に入っており、かつ開封されていない場合に限り制限の対象外です。

 

<オーストラリアおよびニュージーランド発のフライト>
オーストラリアおよびニュージーランド発のフライトをご利用のお客様は無機粉末(例:塩、砂、タルカムパウダーや化粧品など)は12オンス(350ml)未満の場合のみ機内にお持ち込みいただけます。オーストラリアおよびニュージーランドを出発する際の保安検査にて粉類、液体類、エアゾール、ジェルを機内持ち込み手荷物から取り出し、手荷物とは別のトレイに入れてX線検査を通してください。

乳児・幼児食用のベビー用品、医療用・治療用製品、ご遺灰は12oz (350ml)未満の対象外です。パウダー類の免税商品は開封されていない密閉式の袋に入っており、かつ購入証明書が確認できる場合に限り制限の対象外です。

 

<制限を超える粉類をお持ちのお客様>

制限を超えるパウダー類をお持ちのお客様は、機内持ち込みではなくお預けのお手荷物に入れてチェックインしてください。保安検査を通過できなかった制限を超えるパウダー類は、保安検査員への提出および破棄を求められます。ご注意ください。