ご利用のウェブブラウザをアップグレードしてください
お使いのブラウザはサポートされていません。当サイトを最適な状態で閲覧できるよう、ブラウザをバージョンアップされることをおすすめします。サポートされているブラウザの一覧をご確認ください。

ご出発前

ペット用ケージに関するガイドラインから、ペットが快適に過ごすためにご用意いただくものまで、ペットを連れて旅行される前に知っておくべき点をご案内します

ご利用便の出発の48時間前までにお近くのカスタマーセールスセンターまでご連絡ください。ペットをお預かりするスペースを確保できるか確認いたします。その際、次の点についてお伺いいたしますので、お手元に情報をご用意ください。

  • お連れになるペットとケージを合わせた総重量

  • ケージの寸法、素材、形状

  • 有効な健康診断書、ワクチン接種証明書、入国許可書、その他目的地または乗り継ぎをする国の規定により必要とされる書類(IATA Travel Centreウェブサイトの「Customs, Currency &​ Airport information」セクションをご参照ください。)

ご出発前に、ペットが健康であることを確認し、十分に水分を補給してください。移動時間が合計12時間を超える場合は、ペット用の水をご用意いただき、容器の水が溢れていないことを確認してください。

ペットの旅行用ケージ

移動中、ペットがリラックスして過ごせるよう、快適なケージをご用意ください。

  • ペットのケージは清潔で施錠可能であり、脱出防止、水漏れ防止策がとられていることをご確認ください。また、呼吸ができる空気孔も必要です。
  • ペットが無理なく、立ったり方向転換をしたり、横たわれるスペースが必要です。

旅行用ケージが要件を満たしていない場合、ペットをお預かりすることはできません。ペットのケージが条件を満たしているかどうかを確認する。

ペット同伴のご旅行に関する最新情報は、IATA Traveller’s Pet Cornerをご覧ください。

ペット用食器と水飲み器はお客様ご自身でご用意ください。

ペット用食器のガイドライン:

  • 食器はすべて、旅行用ケージの内側に固定するか、取り付けてください。

ペット用水飲み器のガイドライン:

  • 水漏れしないタイプの容器に十分に水を入れた状態で、旅行用ケージの内側に固定してください。容器は、ケージの外側から給水できるタイプをご使用ください。
  • ペットが無理なく水を飲めるよう、上部が開いているタイプの容器を旅行用ケージの底にしっかりと固定してください。
  • ボトルタイプの給水器をご使用の際、旅行用ケージ内に容器が設置されていない場合は、ペットのお預かりができません。

 

犬用ケージのガイドライン

  • ご利用可能なケージは、強化ガラス繊維、硬質プラスチック、溶接金属の金網でできているものとします。

  • 木製の犬用ケージはご使用になれません。

  • 全体が溶接メッシュまたは金網でできているコンテナは航空輸送には適していません。

  • ケージは、スタッフが扱いやすく、動物に傷つけられることがないよう取扱者を保護するものでなければなりません。

 

猫用ケージのガイドライン

  • ご利用可能なケージは、木材、強化ガラス繊維、硬質プラスチック、溶接金属の金網でできているものとします。

  • 全体が溶接メッシュまたは金網でできているコンテナは航空輸送には適していません。

  • ケージは、スタッフが扱いやすく、動物に傷つけられることがないよう取扱者を保護するものでなければなりません。

 

ご注意:ペットとケージを合わせた重量が32kg(70ポンド)または合計サイズが203cm(80インチ)を超える場合は、事前に承認されていない限りお預かりができません。