ご利用のウェブブラウザをアップグレードしてください
お使いのブラウザはサポートされていません。当サイトを最適な状態で閲覧できるよう、ブラウザをバージョンアップされることをおすすめします。サポートされているブラウザの一覧をご確認ください。

無料コロナ保険

旅をより安心なものにする「無料コロナ保険」のご提供 

旅先での新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の診断に関わる費用が「無料コロナ保険」で補われることで、より安心して旅にでかけていただけます。

補償対象

キャセイパシフィックのご利用時に、旅先での新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の診断に関わる費用が「無料コロナ保険」で補償されます。この補償は、2020年12月7日~2021年12月31日までの間に出発する旅行に対して自動的に適用されます。

医療費と入院費

医療費と入院費

検査や入院が必要となった場合、新型コロナウイルス感染症に関わる医療費を補償します。

隔離期間中の一部費用

隔離期間中の一部費用

隔離期間の費用を補うための手当が支給されます。

本国への送還・避難に関わる手配

本国への送還・避難に関わる手配

お客様ご本人、並びに旅行同伴者の帰国の手配。お子様と一緒のご旅行についても ご帰国の手配をいたします。 

24時間営業の緊急ホットライン

24時間営業の緊急ホットライン

お問い合わせにはいつでも対応します。年中無休24時間営業のアクサ緊急サポートホットライン+852 2863 5785または、WhatsAppで+852 2863 5784宛へのメッセージをご利用ください。

「無料コロナ保険」は、フライトをご予約いただくと自動的に適用されます。ご利用条件の全文をダウンロードして、詳細をご確認ください。

よくある質問(FAQ)

「無料コロナ保険」は無償で、2020年12月7日から2021年12月31日(両日を含む)の間に出発する旅行に自動的に適用されます。キャセイパシフィックが発券した航空券をお持ちの方が被保険者となります。キャセイパシフィックが運航するフライト、またはコードシェア便もしくは他の提携航空会社の運航便が対象となります。ご出発前の申込みは不要です。

補償はアクサ保険によって提供されます。ご不明な点やご旅行中に新型コロナウイルス感染症と診断された場合は、アクサまでご連絡ください。

24時間対応のホットライン、電話:+852 2863 5785(英語、広東語、中国普通話に対応)

24時間対応のWhatsAppチャット、メッセージ:+852 2863 5784(英語、中国語に対応)

アクサは、「無料コロナ保険」の補償対象外の医療費のお支払いはいたしません。

保険約款をお読みください(英文)新しいウィンドウを開ける

キャセイパシフィックのフライトおよび/もしくはキャセイパシフィックの提携便で旅行をするお客様には、自国*からご出発時に「無料コロナ保険」が自動的に適用されます。補償期間は、出発空港へのご旅行の開始時点から有効となり、以降30日間、あるいは母国*またはご旅行の航空券に記載されている出発国・地域へ帰国した時点(いずれか早い方)までとなります。保険への加入義務はありませんが、保険で万が一に備えることができます。

片道、復路、または複数都市・途中降機の航空券のいずれも保険対象になります。

補償期間中に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と診断された場合、補償対象期間が終了した後も、お客様が自国*に帰国するまでの治療または隔離期間中の費用(ただし適用制限および除外事項があります)は継続して補償されます。

*自国とは、所得税査定を受ける国・地域かつ、または当該政府機関から付与された市民権または永住権を持つ国・地域です。

保険約款をお読みください(英文)新しいウィンドウを開ける

いいえ。旅程で最初のフライトが2020年12月7日以降である場合にのみ保険が適用されます。

自国*またはご旅行の航空券に記載されている出発国・地域を離れている間に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と診断されたお客様には、国外での医療費および隔離費用の一部(ただし適用制限および除外事項の適用あり)を補償します。

また、陽性または陰性を問わず、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)治療の一部として受ける必要がある場合、または感染症診断のために受ける必要がある場合の海外での全PCR検査費用(ただし適用制限および除外事項の適用あり)を補償します。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と診断された方と接触があり、PCR検査を受ける必要がある場合、その検査費用も補償します。

新型コロナウイルス感染症の疑いがあり、自国*またはご旅行の航空券に記載されている出発国・地域に帰国するためにPCR検査を受ける必要がある場合は、PCR検査費用を2回まで補償します。(PCR検査の補償範囲に関する詳細は、以下の質問「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)検査費用の補償範囲を教えてください」をご参照ください)

チェックイン手続き時のご体調確認の結果によりご搭乗を拒否された場合、自国に滞在中のお客様には未使用の宿泊施設代金と予約済みの航空券代金の損失分(ただし適用制限および除外事項の適用あり)を補償します。また、国外に滞在中のお客様には追加滞在期間中の宿泊施設代金とフライトの予約変更費用(ただし適用制限および除外事項の適用あり)を補償します。

自国*で受ける治療、隔離、PCR検査の費用は一切補償されません。保険の給付は海外でのみ補償されます(ご搭乗を拒否されたことにより出発ができなかった場合を除く)。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に伴わない医療費については一切補償されません。補償対象ではない項目の包括リストについては、保険約款をご覧ください。

いいえ。この保険はフライトの遅延・欠航、手荷物の紛失・破損、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に起因しない医療費や補助に伴う損害は補償しません。お客様個人の旅行保険などを補足するものとお考えください。

事前承認を必要とする保険の補償・支援には、新型コロナウイルス感染症に伴う緊急医療目的の帰国、同感染症で亡くなった方の遺骸送還、葬儀費用などがあります。お客様は以下に記載の電話番号にご連絡のうえ、アクサより事前承認を受ける必要があります。事前承認がない場合は、一切の支援資格を消失します。

24時間対応のホットライン、電話:+852 2863 5785(英語、広東語、中国普通話に対応)

24時間対応のWhatsAppチャット、メッセージ:+852 2863 5784(英語、中国語に対応)

ご搭乗を拒否されたことにより出発ができなかった場合を除き、自国*での症例は補償対象外です。以下の国・地域を除き、自国*以外の国・地域へのご旅行に保険が適用されます。ベラルーシ、クリミアおよびセヴァストポリ(セヴァストポルとも呼ばれる)、キューバ、イラン、北朝鮮、シリア、ベネズエラ、イエメン、ジンバブエ

PCR検査費用が補償される場合:

1.新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と診断され、治療の一環としてPCR検査を受ける必要がある場合

2.新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への感染が疑われ、医師がPCR検査の実施を要求した場合(結果の陽性/陰性を問わず)

3.新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染者の濃厚接触者にあたる場合(結果の陽性/陰性を問わず)

4.公式な体温検査またはPCR検査が受けられず、自国*または定期便を使ったご旅行の航空券に記載された出発国・地域への帰国が困難となった場合は、新型コロナウイルス感染症のPCR検査を2回まで補償(結果の陽性/陰性を問わず)

 

検査費用が補償されない場合:

1.自国*または定期便を使ったご旅行の航空券に記載された出発国・地域でのPCR検査費用

2.旅行を開始する前に必要なPCR検査(日常的に受けている検査、ご自身で前もって予定されている検査、義務・必須の検査)

3.3回目以降の検査(上記のポイント4に関連して)

フライトの渡航先と降機後に訪問される渡航先の両方が、自国*外である場合は補償対象となります。

*自国とは、所得税査定を受ける国・地域かつ、または当該政府機関から付与された市民権または永住権を持つ国・地域です。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)検査で陽性と診断された場合、できるだけ早くアクサに連絡することをお勧めします。緊急医療目的の帰宅支援サービスを受けるためには、アクサにご連絡のうえ、事前承認を得る必要があります。

アクサにご連絡の際は、必ず以下の書類を準備してください:

  • 航空券予約確認のEメール
  • 搭乗券
  • パスポート(該当する場合は滞在ビザのページを含む)
  • 渡航開始日後の日付がある、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)検査の陽性診断
  • 連絡先Eメールアドレスと電話番号、そしてお客様の補助者に関する情報
  • その他、お客様の申請手続きのためにアクサが必要とする書類

また、円滑な支援の手配を踏まえ、アクサによるお客様の医療情報の取得を許可する必要があります。

「無料コロナ保険」が適用対象の場合は、最長14日間までの隔離費用に対して1日あたり100USドルを支給します。また、自国へ戻る際のPCR検査費用を2回分まで補償します。さらに、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療が必要な場合、最大200,000USドルまで補償されます。

いいえ。お客様の出発国・地域に基づき、渡航先国の政府または当局が導入する隔離義務については、この保険で補償されません。 

キャセイパシフィックまたは旅行会社から直接購入された航空券には保険が適用されます。キャセイパシフィックが発券した航空券で旅行する方が補償の対象となります。キャセイパシフィックの運航便、コードシェア便、または、その他の提携航空会社の運航便が対象となります。他の航空会社またはコードシェアの提携航空会社から航空券を購入されたお客様は、旅程にキャセイパシフィックの機材によるフライトが含まれている場合でも保険の対象にはなりません。

アクサは、お客様の同伴者(旅行先で同伴していた方)の帰宅旅行を手配し費用を補償します。さらに、帰宅まで同伴する予定であったお子様につきましては、旅行先で大人の家族同伴者が不在となった場合、およびお客様の帰国が当初の帰国予定日の24時間以上前に行われる場合、アクサは、そのお子様が無事に帰宅できるように手配いたします。

はい。保険による支援を受けるためには、アクサに個人情報を提供する必要があります。これは、お客様へ支援を提供したり、保険金請求に対応したりするためです。さらに弊社も、アクサがお客様の身元および渡航日を確認する目的で、お客様の個人情報の一部を共有する場合があります。

はい。キャセイパシフィックが発行した航空券をお持ちで、キャセイパシフィックを利用される場合には保険が適用されます。

いいえ。「無料コロナ保険」は、2020年12月7日から2021年12月31日(両日を含む)の間に出発する旅行に自動的に適用されます。補償対象期間は、出発から30日間または自国*に帰国するまでのいずれか早い時点までとなります。

*自国とは、所得税査定を受ける国・地域かつ、または当該政府機関から付与された市民権または永住権を持つ国・地域です。

はい。キャセイパシフィックの運航便、コードシェア便、その他の提携航空会社のいずれかで、キャセイパシフィック発行の有効な航空券を保有するお客様に保険が適用されます。保険が適用されるためには、少なくとも1区間が、キャセイパシフィックの運航便である必要があります。

いいえ。補償対象期間は、出発から30日後または自国*に帰国する時点のいずれか早い方で終了します。この保険契約は延長できません。

補償対象は、旅程の最初のフライト完了後から30日間に自国*以外で発生する費用です。補償期間は、お客様が自国*に帰国した時点で終了します。自国*に帰国した時点または30日が経過した時点のいずれか早い方より以降の補償はされません。

お問い合わせの場合は、下記電話番号のアクサまでお問い合わせください。

24時間対応のホットライン、電話:+852 2863 5785(英語、広東語、中国普通話に対応)

24時間対応のWhatsAppチャット、メッセージ:+852 2863 5784(英語、中国語に対応)

はい。政府機関が目的地である国・地域への渡航中止を勧告している場合でも、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関わる費用は補償対象になります。ただし、以下の国・地域への旅行は対象外です:ベラルーシ、クリミアおよびセバストポリ(セヴァストポルとも呼ばれる)、キューバ、イラン、北朝鮮、シリア、ベネズエラ、イエメン、ジンバブエ。

保険への加入義務はありません。しかし、保険で万が一に備えることができます。アクサが個人情報を共有することについて懸念がある場合は、travel.claims@axa.com.hkまでご連絡ください。

ご個人への証明書を発行することはできません。 代わりに、利用規約(英語)新しいウィンドウを開くをダウンロードすると、航空券と一緒に補償範囲の証明としてご利用になれます。

こちらに記載の「よくある質問」は参考目的でのみご提供しています。適用される保険約款の全内容を説明するものではありません。補償および適用除外の全項目につきましては、保険約款をお読みください。こちらに記載の「よくある質問」と保険約款の諸条の間に不一致がある場合は、保険約款の諸条件が優先します。

変更手数料が何度でも無料

ご旅行計画をもっと安心に。今なら航空券をご購入いただくと、航空券の目的地や日付の変更などが変更手数料無料で何度でも行えます。

詳細はこちら >

次回の旅行を予約

閉じる

9名様を超えるご予約は現在オンラインでは承れません。お近くのカスタマーセールスセンターまでご連絡ください。

4名様を超えるご予約は現在オンラインでは承れません。お近くのカスタマーセールスセンターまでご連絡ください。

クラス