ご利用のウェブブラウザをアップグレードしてください
お使いのブラウザはサポートされていません。当サイトを最適な状態で閲覧できるよう、ブラウザをバージョンアップされることをおすすめします。サポートされているブラウザの一覧をご確認ください。
Fly Ready

早くてスムーズ、安心なチェックイン。

Fly Readyのご紹介:香港へのフライトの前に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の検査結果やその他に必要な健康関連書類をアップロードする便利な方法です。お客様が準備万端で空港に到着できるよう、前もって確認いたします。

Fly Readyは英語でのご案内となります。

スピーディーなエアポートエクスペリエンス

1. アップロード

Fly Readyでは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の検査結果や、香港へのフライトに必要な健康関連書類をアップロードできます。香港へのフライトの48時間前から12時間前までご利用が可能です。

 

2. 認証

ファイルがアップロードされたら、弊社の担当者が情報をチェックし、香港への入境に必要な健康関連書類がお手元に揃っているかどうかを確認します。

情報不足や、追加情報が必要な場合は、Eメールでお知らせしますので、該当書類のアップロードが可能です。

すべての書類が揃うと、ご旅行準備完了をお知らせする確認のEメールをお送りします。

3. フライト

書類完備にて事前確認が済んでいるので、早くてスムーズなチェックイン手続きができます。

空港へは、書類の原本またはデジタルコピーをお持ちになり、ご搭乗の準備をしていただくだけです。

*Fly Readyは、現在ほぼすべての地域から香港へ入境する際にご利用が可能です。段階的に各就航都市からの
出発便にも導入していきます。

書類は07:00から22:00(香港時間)の間に確認いたします。時間外のアップロードは、確認が遅れる場合があります。

ご質問への回答

Fly Readyはお客様のフライトの48時間前から12時間前までご利用いただけます。

書類は07:00から22:00(香港時間)の間に確認いたします。時間外のアップロードは、確認が遅れる場合があります。

確認完了をお知らせするEメールが届かない場合は、空港にて担当者へお申し出ください。書類の確認をいたします。

Fly Readyは現在、ほぼすべての地域から香港への入境でご利用が可能です。今後、就航都市からの出発便にも順次導入されます。

義務ではありませんが、空港に準備万端で到着できるよう、Fly Readyを利用してフライト前に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の検査結果やその他に必要な健康関連書類を前もって確認されることを強くお勧めします。

お客様の書類がアップロードされると、弊社の担当者が情報をチェックし、香港への入境要件に合っているかを確認します。

情報不足や、追加情報が必要な場合は、Eメールでお知らせしますので、該当書類のアップロードが可能です。

すべての書類が揃うと、ご旅行準備完了をお知らせする確認のEメールをお送りします。

お客様のフライトでFly Readyがご利用可能な場合は、出発の48時間前にフライトリマインダーEメールにて招待リンクをお送りします。リンクを表示するには、ブラウザでクッキーを有効にしてください。

まず提出された書類を弊社の担当者が確認してから、Eメールでご連絡いたします。必要に応じて、お伝えしたリンクから書類を再送信することができます。

はい。チェックインの際に確認する必要があるので、書類の原本またはデジタルコピーを空港にお持ちになる必要があります。また、香港到着時には保健当局および出入国審査官にこれらをご提示いただく必要もあります。

提出書類をフライトの出発時刻の早い順に確認しております。書類の確認が済み次第、Eメールでお知らせします。

いいえ。Fly Readyでは、香港行きフライトの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の検査結果とその他の健康関連書類を確認しています。パスポートおよびビザの確認は空港で行われます。空港での搭乗拒否となる場合がありますので、目的地のビザ要件および入国条件をすべて満たしていることを確認しておいてください。

フライトが変更、遅延、欠航になった場合、または直前に入境要件に変更があった場合は、Fly Readyステータスが変わる可能性がありますので、確認のために書類の再送信が必要となります。

予約をする

閉じる

9名様を超えるご予約は現在オンラインでは承れません。お近くのカスタマーセールスセンターまでご連絡ください。

4名様を超えるご予約は現在オンラインでは承れません。お近くのカスタマーセールスセンターまでご連絡ください。

クラス

ご旅行のあらゆる段階での安全対策の強化