ご利用のウェブブラウザをアップグレードしてください
お使いのブラウザはサポートされていません。当サイトを最適な状態で閲覧できるよう、ブラウザをバージョンアップされることをおすすめします。サポートされているブラウザの一覧をご確認ください。

お客様にはご旅行中、快適かつ安全にお過ごしいただけるよう尽力しています。ご旅行に関する追加情報や、追加の予防措置として導入された要件を以下にまとめました。前もってのご旅行計画、ご旅行資格の確認にお役立てください。

PCR検査の推奨機関

以下の国においてPCR検査を提供している推奨機関のリストをご覧になれます。

香港

香港での乗り継ぎ

乗り継ぎに関する一般的な条件

以下の条件にて、香港でのお乗り継ぎが可能です。

  • 確定した往路航空券または往路搭乗券をお持ちの方
  • 最終目的地の入国条件を満たしている
  • 最終目的地まで手荷物の預け入れが完了している
  • 香港での乗り継ぎ時間が24時間以内である


中国本土発/着のご旅行について

中国本土からご旅行のお客様に対する香港の入境要件は、香港特別行政区政府のウェブサイトにてご確認いただけます。

中国本土の目的地への乗り継ぎは、引き続きご利用になれません。

現在のフェリー運航について:

  • グレーターベイエリアから香港へ向かうスカイピアでの"Sea to Air" (フェリーからフライトへの乗り継ぎ)は間引き運航しています。
  • 香港国際空港からグレーターベイエリアへ向かう"Air to Sea"(フライトからフェリーへの乗り継ぎ)は引き続き停止しています。

Return2hkスキームにより中国本土から帰国する香港居住者の場合、詳細については香港特別行政区のウェブサイトを参照してください。

 

海外または台湾から香港へ入境する際の役立つヒントとご旅行の注意点:

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の検査結果

香港を最終目的地とする3歳以上のすべてのお客様は、香港への入境にむけてPCR検査(ポリメラーゼ連鎖反応核酸検査)が必要です。

すべての証明書は英語または中国語での記載とし、紙または電子形式での提示が可能です。

証明書が英語か中国語でない場合、またはすべての必要事項が含まれない場合は、検査機関・医療機関が発行した下記情報を記載した英語または中国語での書面を提示することが可能です。

  • 搭乗者の氏名
  • 新型コロナウイルスのPCR検査(ポリメラーゼ連鎖反応核酸検査)を受けたこと
  • PCR検査の検体が香港行のフライトの出発予定時刻前48時間以内に採取されたこと
  • 新型コロナウイルス陰性のPCR検査結果

書面による確認書は、検査報告書とともに提出する必要があります。
 

COVID-19の感染から回復されたお客様

ご旅行の 14 ~ 90 日前に COVID-19 に感染されたお客様には、代替の手配が用意されています。

以下の書類の提示が必要です:

1. 香港への直行便の 14 ~ 90 日前に COVID-19 に感染したことを示す、医師が発行した診断書または関連当局が発行した回復記録(英語はたは中国語)。それら書類に記載の氏名は、渡航書類と一致していること。

および

2. 以下の情報を含む、検査機関または医療機関によって発行された検査報告書(英語または中国語):

  • お名前(有効な旅行書類と同名であること)
  • 香港直行便の出発予定時刻24時間前までに採取された検体で、迅速抗原検査 (RAT) 検査を実施すること
  • RAT 検査結果が COVID-19 に対して陰性であったこと

検査結果が英語または中国語ではない場合、または必要な情報がすべて含まれていない場合は、以下を提示する必要があります。

  • 上記のすべての情報を含む、検査機関または医療機関が発行した英語または中国語の確認書を検査報告書とともに提示する必要があります。

詳細については、香港特別行政区政府のウェブサイトをご覧ください。
 

ワクチン接種要件

「ワクチン接種の完了」と見なされるには、お客様は香港へのフライト出発予定時刻の14日前までに新型コロナウイルスワクチン接種のお知らせで定められた量・回数の規定に沿って、ワクチンの接種をすべて完了したこととします。

14日とは、推奨プログラムの最後の接種日の翌日から起算されます。 たとえば、最後の接種が5月1日の場合は、14日目は5月15日になります。従って、ワクチン接種が完了したお客様は、5月15日以降の出発便への搭乗が可能です。

お客様は以下の要件を満たす認可ワクチン接種証明書の提示が必要です。

  • 英語または中国語で記載されていること
  • 搭乗者名の表記
  • 必要な量・回数の COVID-19の ワクチン接種をすべて完了したことが明記してあること
  • ワクチンの最終接種日が記載されていること
  • 接種したワクチンの名称が記載されていること

ワクチン接種証明書は印刷またはデジタル形式で提示が可能です。

ワクチン接種証明書が英語または中国語で記載されていない場合:

  • 海外からご旅行のお客様は、香港もしくはワクチンが管理されている場所での政府当局または公認機関で発行された証明書/文書(英語・中国語)を代わりに提示することも可能です。この書類には上記の必須情報がすべて記載され、かつ認可ワクチン接種証明書とともに提示される必要があります。

 

指定検疫ホテル(DQH)の要件

過去 14 日間に海外または台湾に滞在されたお客様は、指定検疫ホテル(DQH) で 3 泊の強制検疫を受ける必要があります。 指定ホテルのリスト一覧は、香港特別行政区政府のウェブサイトをご覧ください。

  • ワクチン接種を完了したお客様と一緒に旅行される 12 歳未満のお子様は、DQH で 7 泊の強制検疫を受ける必要があります。
  • 過去 14 日間に台湾にのみ滞在または例外的な場合 (健康上の理由でワクチン接種に適さないなど) で入国を許可された方で、ワクチン接種が完了していないお客様は、DQH で 14 泊の強制検疫を受ける必要があります。
  • 2022 年 8 月 12 日以降に香港へむけて出発するお客様は、DQH で 3 泊の強制検疫を受ける必要があります。

詳細については、香港特別行政区政府のウェブサイトを参照してください。


健康申告書

すべてのお客様は、香港へご出発の前に健康・検疫情報申告書を提出し、健康申告QRコードを取得する必要があります。

香港へむけて出発されるお客様は確認のため、チェックイン時にオンライン健康申告書の提出後に生成された有効な健康申告QRコード(QRコードのダウンロード版、スクリーンショット、または印刷版)を提示する必要があります。また、QRコードに記載されている氏名が渡航書類(パスポート)と一致し、かつコードが有効期限内であることが求められます。
 

マスク・フェイスカバー類

すべてのお客様ならびに乗務員の健康を守るために、2歳以上のお客様はキャセイパシフィックラウンジを使用する際も含め、ご旅行の際にはサージカルマスクやフェイスカバーを着用していただく必要があります。

香港国際空港においても、サージカルマスク・フェイスカバーの着用が必須です。他の空港については、関連する政府のウェブサイトを確認されることをお勧めします。

政府がフェイスカバーの着用義務がないとしている国でのキャセイパシフィックラウンジをご利用のお客様は、他のお客様への礼儀として、ラウンジ内を移動する際に引き続きフェイスカバーを着用してください。

適用される法律に従い、ご旅行においてサージカルマスク・フェイスカバーの着用がない方をお受けすることができません。

マスク・フェイスカバーの要件について詳しくはこちらをご覧ください。
 

役立つリンク:

ご旅行前の重要な情報

世界各地の渡航制限

各国政府の多くが、国外旅行に影響を及ぼす入国制限を設けています。最新情報をご覧になり、お客様の旅の計画への影響をご確認ください。

詳細を見る