Jump to main content

香港ドラゴン航空 エアバスA320型機の客室を刷新

2014年10月31日

香港ドラゴン航空はエアバスA320型機に新プロダクトを導入し、客室を刷新することを発表した。同航空は、乗客への最上の旅行体験の提供に取り組んでいる。2013年初頭よりオンデマンド機能を備えた最新鋭の機内エンターテイメントシステム「StudioKA」を搭載した新しいファーストクラス、ビジネスクラス、エコノミークラスを導入するなど、エアバスA330型機およびA321型機の客室の刷新を順次進めている。

2014年11月より同航空が保有する15機のA320型機へも新プロダクトの導入を開始し、乗客の空の旅を向上させる。新しいビジネスクラスとエコノミークラスの搭載に加えて、A320型機でははじめて全クラスに最新鋭の機内エンターテイメントシステムを導入する。乗客は好きなエンターテイメントを選択し楽しむことができるようになる。

香港ドラゴン航空のアルジャーノン・ヤウ最高経営責任者は「現在、すべてのお客様により快適な空の旅を提供するための取り組みの一環として機内プロダクトの刷新を順次進めている。最新のプロダクトを備えた客室の搭載が進んでいけば、お客様により快適な旅をお楽しみいただけることになる。プロダクトへの積極的な投資は、世界に通用するリージョナル・エアラインとしての地位継続を裏付けるものだ」と述べている。

主なエアバスA320型機機内の刷新は以下のとおり。

最新鋭の機内エンターテイメント

A320型機には、ワイヤレスの機内エンターテイメント・ストリーミング・ソリューション(ワイヤレス IFE)を搭載し、StudioKA の種類豊富なライブラリから自由に音楽や動画を選択できる。「StudioKA Application」を個人の電子機器にダウンロードすると、機内Wi-Fiネットワークを通じでStudioKA機内エンターテイメントに接続でき、80本のメジャーなハリウッド映画や人気のアジア映画、500本超の世界のテレビ番組、音楽、16局のラジオチャンネルが提供される。ビジネスクラスではタブレット端末で機内エンターテイメントを提供し、単館上映作品を含む最新映画に加えて、20本超のドラマやコメディ−番組など、より多くのコンテンツを楽しむことができる。

新しいビジネスクラス

A320型機のビジネスクラスにはA330型機およびA321型機と同様のデザインを採用したプロダクトを搭載する。乗客の要望を徹底的に反映し、食事、仕事、読書、休息などあらゆる場面において最適な空間となるよう設計されている。機内エンターテイメントはiPadÒで提供し、ワイヤレスで機内エンターテイメント・ライブラリからストリーミング再生が可能で、iPadÒの既存のコンテンツを楽しむこともできる。A320型機のビジネスクラスの座席はリクライニング角度とレッグレストを拡張、画期的なゆりかご構造によりリラックスできる快適な空間となっている。座席は固定されたシェルシートにより居住性が高められており、座席間隔も広くなっている。人間工学に基づいて設計された座席は、心地よい「lazy-Z」ポジションを得ることができ、まるでゆりかごに包まれたかのような安らぎを与える。手荷物や携帯品の収納スペースにも余裕を持たせている。

新しいエコノミークラス

A320型機のエコノミークラスには座席幅を拡大した座席を導入。流線型のデザインを採用することで居住性を高め、ヘッドレストは4方向に調整可能。頭上の収納スペースも拡大し、LED照明システムを採用している。最新のワイヤレスIFE・ストリーミングシステムにより、個人の携帯電話、タブレット、ノートパソコンで機内エンターテイメントを楽しめる。タブレットホルダーを座席後部とミールテーブルの2カ所に設置。ノートPCや電気製品の充電用110VのAC電源も装備している。

oneworld提携航空会社である香港ドラゴン航空は現在40 機の航空機を保有し、香港を拠点に中国本土内22都市を含めて計49都市に就航している。上質なサービスとプロダクトには定評があり、TTGトラベル・アワードでは2010年から5年連続で「ベスト・リージョナル・エアライン」賞を受賞。さらに英スカイトラックス社のワールド・エアライン・アワードでは2010・2011・2013年に「ワールド・ベスト・リージョナル・エアライン」に選出されている。同航空は世界180都市以上へと広がるグローバルネットワークを誇るキャセイパシフィック航空グループの一員として、世界各地へのフライトへとスムーズに接続する利便性の高い運航スケジュールを提供している。

「香港ドラゴン航空」広報  エンゴー株式会社 

担当:佐藤優子 (sato@en-go.jp)、坂本徳土 (sakamoto@en-go.jp)

TEL: (03) 6277-8118/FAX: (03) 6277-8119