Jump to main content

プレスリリース

キャセイパシフィック航空と香港ドラゴン航空 iOS携帯端末用アプリPassbookでのモバイル搭乗券サービスを開始

2013年11月12日

キャセイパシフィック航空と香港ドラゴン航空は、オンラインおよびモバイルサービスを通じた乗客サービスの利便性向上を図る取り組みの一環として、iOSを搭載する携帯端末(iPhone、iPod touchなど)の専用アプリPassbook(パスブック)を利用したモバイル搭乗券サービスを開始した。搭乗券をはじめギフトカードやクーポン、パス、チケットなどの一括管理を可能としたPassbookへの対応により、乗客はフライトの利用に際してバッグや財布の中を探る煩わしさなく、スマートに空港での搭乗手続きを完了できる。

iPhoneやiPod touchのPassbookに保存したモバイル搭乗券にあるQRコードをスキャナーにかざすことで搭乗手続きを済ますことができる。Passbookではモバイル搭乗券を複数保存できるとともに、他のアプリを立ち上げることなく簡単に搭乗券を画面上に取り込める。

キャセイパシフィック航空または香港ドラゴン航空の利用に際して、乗客はオンライン・チェックイン後にEメールで送付されるリンクからモバイル搭乗券を取り出し、画面上に表示される“Passbookに追加”ボタンをクリックすることでPassbookへ登録する(日本語対応済み)。キャセイパシフィック航空と香港ドラゴン航空のモバイルサイトまたはモバイルアプリを利用する場合は、チェックイン完了後の確認画面に表示される“搭乗券をPassbookに追加”をクリックすることでPassbookへと登録する(日本語版モバイルサイト/CXモバイルは現在のところ未対応)。

iOS端末の時間・位置情報と連動するPassbookは簡単で便利なアプリ。端末画面にはフライト出発時刻に応じて、適切なタイミングでPassbookに保存したモバイル搭乗券の通知が表示される。これは出発空港への到着が近づき、出発時間が近くなると、ロック画面上に自動的にPassbook通知が表示されるもので、指でのスライドひとつで簡単にモバイル搭乗券を表示できることから、これまでのように搭乗券のリンクが送付されたEメールを探す手間が省ける。乗客はPassbookのモバイル搭乗券に表示されるQRコードをスキャンするだけで空港での保安検査、出国手続き、ゲートでの搭乗手続きをスムーズに終えることができる。

モバイル搭乗券を利用する乗客は増え続けており、キャセイパシフィック航空と香港ドラゴン航空はPassbookへの対応を可能とすることで、より多くの乗客が空港で搭乗手続きをスマートかつスムーズに完了できるようにしている。iPhoneやiPod touchを利用する乗客に対してPassbook機能を提供したことは、キャセイパシフィック航空と香港ドラゴン航空が、顧客の旅行体験を向上するために継続して行っている世界最先端のオンラインおよびモバイルサービス開発への取組みの一環である。

2011年後半に開始したモバイル搭乗券サービスは、現在日本の主要5都市(6空港:羽田・成田・大阪・名古屋・福岡・札幌)を含め、キャセイパシフィック航空が乗り入れる22都市と香港ドラゴン航空が就航する5都市で提供されており、今後も利用可能となる都市を順次拡大していく。

 

本件に関するお問い合わせは

『キャセイパシフィック航空』広報         

エンゴー株式会社 担当:佐藤優子、坂本徳土

TEL: (03) 6277-8118/FAX: (03) 6277-8119