Jump to main content

プレスリリース

香港ドラゴン航空 仙台/香港線の季節運航を発表

2010年08月18日

香港ドラゴン航空は、2010121日から2011227日まで仙台/香港線を週3便で運航すると発表した。運航機材にはエアバスA320-200型機(ビジネスクラス:8席 エコノミークラス:150席 総座席数:158席)を投入。東北地方からの海外旅行者に新たな選択肢と利便性を提供することで、潜在需要の掘り起こしを狙う。

 

同航空では旅行各社と協力し、仙台から香港、および香港からのスムーズな乗り継ぎを利用したヨーロッパ、オセアニア、東南アジア各方面への幅広い旅行商品の造成を図る。また香港の人々にとっても冬の東北は人気の旅行先であることから、年末年始休暇、旧正月と旅行需要の繁忙期にインバウンド・アウトバウンド双方の需要を幅広く取り込んでいく。

 

香港ドラゴン航空は、1031日より福岡/香港線を毎日1便体制で再開させることを決定している。今後も市場動向に注視しながらチャーター便・臨時便を含め機動的に運航することで旅客需要に柔軟に対応していく。

 

仙台/香港線の旅客便の運航スケジュールは下記の通り。(全て現地時刻)

便名

出発地

到着地

出発時刻/到着時刻

運航日

KA327CX6703

仙台

香港

17:5522:40

KA327CX6703

仙台

香港

19:0023:45

木・日

KA326CX6702

香港

仙台

11:5016:55

KA326CX6702

香港

仙台

12:5018:00

木・日

(上記運航スケジュールは政府認可が条件)

 

oneworld 提携航空会社の香港ドラゴン航空は、現在31機の旅客機を保有し、香港を拠点に中国本土内17都市を含むアジア太平洋地域の計30都市へ広がるネットワークを構築。上質なサービスとプロダクトには定評があり、英国スカイトラックス社による2010年ワールドエアライン調査で「ワールド・ベスト・リージョナル・エアライン賞(World’s Best Regional Airline)」に選出されている。香港ドラゴン航空は姉妹会社であるキャセイパシフィック航空と併せて、香港を運航拠点に世界120都市以上へスムーズな乗り継ぎを提供している。

 

お問い合わせ先

本件に関する本件に関する報道、メディア関係のお問い合わせは:
『香港ドラゴン航空』広報
エンゴー株式会社 担当:矢島瑠衣子、坂本徳土
TEL: (03) 6277-8118/FAX: (03) 6277-7352