ご利用のウェブブラウザをアップグレードしてください
お使いのブラウザはサポートされていません。当サイトを最適な状態で閲覧できるよう、ブラウザをバージョンアップされることをおすすめします。サポートされているブラウザの一覧をご確認ください。

手荷物に関する情報

私どもは手荷物許容量の規定を順次重量制から個数制へと移行致します。お客様の手荷物許容量については、お手持ちのEチケットまたは予約の確認をご確認下さい。

注:お客様がアップグレードされた場合の手荷物許容量については本来の航空券上の規定が適用されます。

手荷物許容量の確認

子供運賃の航空券で予約確定済みの座席を使用する幼児には、大人と同じ通常の手荷物許容量が認められます。 幼児と一緒のご旅行についての詳細もご確認ください。

手荷物許容量の超過

標準の受託手荷物許容量のサイズおよび重量を超える手荷物、マルコポーロクラブまたはワンワールドの会員資格レベルに基づく許容量を超える手荷物には、特別取扱手数料および追加料金を申し受けます。

ご注意:1個で重量32kg(70ポンド)または三辺の合計サイズが203cm(80インチ)を超える手荷物はお預かりできません。手荷物の合計サイズは、縦+横+高さの3辺の合計となります。(縦+横+高さ=203cm / 80インチ)。

キャセイパシフィックでは、楽器スポーツ用具を含む特殊な手荷物には、別のガイドラインを設けています。

フライト前のチェックリスト

以下の点にご注意下さい:

鋭利なものは受託手荷物にお入れください

鋭利なものは受託手荷物にお入れください

爪切りばさみやレターナイフなど、先が尖っているものは、受託手荷物にお入れください。

制限品や禁制品の預け入れ

制限品や禁制品の預け入れ

目的地によって、特定の品目の持ち込みが制限または禁止されている場合があります。例えば、液体物、ガス、エアゾールは一定量しか機内に持ち込むことができません。詳細については、制限品をご覧ください。

予備の電池の個数制限

予備の電池の個数制限

携行する予備の電池がすべて適切に梱包されており、個数制限を超えていないことをご確認ください。予備の電池の携行についてご一読ください。

手荷物許容量にご注意ください

手荷物許容量にご注意ください

ご自身で持ち上げて頭上の荷物入れに収納できない重い手荷物は受託手荷物としてお預けください。キャビンクルーはお客様の手荷物を持ち上げたり、お運びすることはできません。

楽器スポーツ用品を旅行に携行することは可能です。ただし、路線によって規定が異なりますのでご注意ください。わずかな手数料で、超過手荷物をお預けになることもできます。

  • スマートバッグをお持ちになる場合は、旅行の途中で手荷物を預け入れる必要が生じた場合に備えて、バッテリーを取り外すことができなければなりません。
  • リチウム電池は取り外し、機内持ち込み手荷物としてお持ちください。これらの電池の取り扱いは、予備のリチウム電池に関する規定に従ってください。

制限品および禁制品など、手荷物に関する詳細につきましては、予備の電池の携行についてをご覧ください。

乗り継ぎを含むご予約を1冊の航空券でお持ちの場合、またはキャセイパシフィックが運航するフライト同士の乗り継ぎをご予約の場合、手荷物を最終目的地まで通しでお預かりすることが可能です。

弊社の提携航空会社との乗り継ぎを含む別冊航空券をお持ちの場合も、手荷物を最終目的地まで通しでお預かりすることができます。ただし、ご旅程の最初にご利用になる航空会社がキャセイパシフィックであることが条件です。

なお、旅程の最初にご利用になる航空会社がこのサービスに対応していない場合は、手荷物を最終目的地まで通しでお預かりできない場合があります。

以下の物は、実際の大きさにかかわらず、1個(合計サイズ158cm / 62インチ)の手荷物とみなされます。

  • 寝袋またはベッドロール1つ
  • リュックサック / ナップサック / バックパックいずれか1つ
  • スキー板とスキーストック、スキー靴それぞれ1組
  • スノーボードとスノーブーツ1組
  • サーフィンボード1枚(長さ158cm / 62インチ、幅は不問)
  • ゴルフクラブとゴルフシューズ1足が入ったゴルフバッグ1つ
  • ダッフル・タイプバッグまたはタイプ22バッグ(柔らかい素材のファスナー付きバッグで、ファスナーで開くポケットが脇についているもの)のいずれか1つ
  • 適切に梱包された自転車1台 具体的には以下の通りです。一人乗りのツーリング用または競技用自転車でモーターのついていない自転車。自転車のハンドルは横向きに固定されている、もしくはフレームと平行に固定されているか、または発泡プラスチック素材等のカバーで覆われていること。自転車のペダルは取り外されている、もしくは内側に固定されている、または発泡プラスチック素材等のカバーで覆われていること。タイヤの空気を抜いてあること。頑丈な輪行袋(自転車専用収納袋)または輪行箱(自転車専用収納ダンボール)に梱包されていること。
  • 標準的な水上スキーまたはスラローム水上スキー1組
  • 適切に梱包された釣道具(釣竿2本、リール1つ、網、釣用長靴1足と釣用具入れ)

スポーツ用銃砲類をお持ちになる場合
次のサイズや数を超えないもの:

  • ライフルケース1つ(中にライフル2本まで)、弾薬5kg(10ポンド)、シューティングマット1つ、消音器、スモールライフルツール
  • ショットガンおよびショットガンケース2つまで
  • ピストルケース1つ(中にはピストル5本まで)、弾薬5kg(10ポンド)、消音器、テレスコープ・ピストル1つとスモールピストルツール

これらの銃砲類を持ち運ぶ場合は、制限品のページをご覧のうえ、カスタマーセールスセンターに詳細をお知らせください。

他の航空会社運航便(キャセイパシフィック以外)を1便でも含む場合は、新しい無料手荷物許容量および超過手荷物料金の計算方式が適用されます。これは国際航空運送協会(IATA)により決定された新しい手荷物規定です。最重要航空会社規定に関する詳細をご一読ください。

こちらでは、移動補助器または補助用具をご使用のお客様が無料で携行できる手荷物についてご案内しています。器具や用具の性質およびご利用路線によって規定が異なります。

携帯用医療機器、杖、歩行器、松葉杖、車椅子、車椅子の付属品が対象となります。これらの器具や用具はお体の不自由なお客様の日々の生活に必要なものです。人間の介助をするために補助犬が使用する器具(ハーネスやリードなど)も補助用具とみなされます。補助犬のエサは器具とはみなされません。以下の規定に従って受託手荷物としてお預けになるか、機内持ち込み手荷物としてお持ちください。車椅子の機内への持ち込みには限りがありますのでご注意ください。

無料で携行できる器具や用具の数が路線によって異なりますのでご注意ください。

米国発着のフライトでは、機内に無料でお持ち込みになれる補助用具および移動補助器の数に制限はありません。

米国以外の目的地へのフライトでは、通常の機内持ち込み手荷物許容量に加え、お一人あたり補助用具1点と移動補助器2点までお持ち込みになれます。

詳細につきましては、ご搭乗のサポートをご覧ください。

航空券に適用される手荷物許容量は「MSC(Most Siginificant Career=最重要航空会社)」によって定められます。

最重要航空会社規定に関する詳細をご一読ください。

超過手荷物をお持ちの場合

超過手荷物の事前支払い

超過手荷物料金をご出発24時間前までにお支払いいただくと、最大で10%の割引が適用されます。

詳細を見る  >