Jump to main content
このウェブサイトのクッキーは無効に設定されました。より快適にご利用いただくためには、クッキーの設定を有効にしてください

プレスリリース

キャセイドラゴン航空 3月に香港/済南線を開設

2018年02月14日

豊かな泉水に恵まれた「泉城」と称される山東省の省都、済南への就航により

キャセイパシフィックグループによる中国本土内の就航地は28都市へ拡大

 

キャセイパシフィックグループは2018年3月26日より、香港と山東省の省都である済南を結ぶ路線で週4便による運航を開始し、中国本土路線のさらなる増強を図ります。

 

豊かな歴史と美しい景観で知られる済南は700万以上の人口を抱えており、中国東部における行政、経済、交通の主要拠点のひとつに数えられています。周辺には良質な泉水が湧き出る「七十二名泉」が点在し、観光地としての人気も高まっています。

 

新たに開設する香港/済南線は、現在運航中の香港/青島線に次ぐ山東省への路線となり、ビジネスクラスとエコノミークラスで構成されるエアバスA320型機によって運航されます。

 

済南への新路線の開設により、世界各地から香港経由で済南を訪れる利用客が見込まれる一方、山東省からの乗客には香港を拠点に世界200都市以上へと広がるキャセイパシフィック航空のグローバルネットワークによる豊富なフライト選択肢が提供できるようになります。

 

キャセイパシフィックのカスタマー&コマース最高責任者であるポール・ルーは、「私どもは新たな就航先を加えることによるネットワークの強化を推進しており、この度、済南へ運航開始できることをとても嬉しく思います。成長著しい山東省はアジアをはじめ世界各地の旅行者から人気を集めており、済南と青島という省内の東と西に位置する二つの主要都市へと乗り入れることで、より多くの選択肢を提供し利便性の向上を図ります。また新路線の開設は、アジア最大の国際航空輸送拠点としての香港の地位をさらに強固なものとします」と述べています。

 

今回の新たな就航都市の発表に先立ち、キャセイドラゴンでは1月初旬に中国・広西チワン族自治区の南寧への乗り入れを果たし、キャセイパシフィックでは香港とブリュッセル、コペンハーゲン、ダブリン、ワシントンDCの各都市を結ぶ路線の開設を発表しています。

 

2018年3月26日に運航開始となる香港/済南線のスケジュールは以下の通りです。

 

便名

出発地

到着地

出発時刻/到着時刻

運航日

KA960

香港

済南

19:55/23:15

月・火・木・土曜

KA961

済南

香港

08:15/11:30

火・水・金・日曜

 

                                                                                                                                                                                        

本件に関するお問い合わせは

『キャセイパシフィック』広報 バーソン・マーステラ 担当:中村、中垣

TEL: (03) 3264-6713 / FAX: (03) 3237-1244 / CathayPacificJP.PR@bm.com