Jump to main content

プレスリリース

キャセイパシフィック航空 「蜷川実花 × 香港 by Cathay Pacific」キャンペーンを開始

2017年06月14日

「大人のテーマパーク 香港」をテーマに香港の魅力を訴求

キャセイパシフィックは2017年6月14日(水)より、「大人のテーマパーク 香港」をテーマに、香港デスティネーションキャンペーン「蜷川実花 × 香港 by Cathay Pacific」を開始します。食、文化、景色といった、様々な魅力がギュッと凝縮され、訪れる度に変化し、新しい驚きや発見がある香港を「大人のテーマパーク」に見立て、その魅力を訴求します。本キャンペーンを通じて、テーマパークさながらにワクワク感あふれる街として香港を紹介し、香港へのレジャー需要喚起を目指します。

今回のキャンペーンでは、写真家・映画監督の蜷川実花氏を起用しました。蜷川氏が香港で撮り下ろした写真をキャンペーンのキービジュアルに用い、全く新しいイメージの香港を皆様に披露しています。

キャンペーン特設サイトでは、鮮やかな原色で五感を刺激する蜷川氏の写真をふんだんに使い「蜷川ワールド」を展開。ソーシャルメディアを使った参加型の投稿キャンペーンを実施しています。投稿キャンペーン第一弾で当選者30名にプレゼントされるのは、蜷川氏が初めて制作に挑んだ飛び出すフォトブック。今回の撮り下ろし写真をふんだんに使った、数量限定で非売品という希少価値の高いこのフォトブックは、ページを開くとキャンペーンキービジュアルが大きく立体化されて飛び出す仕様となっています。その他、香港行きダイナミックパッケージ*の10,000円割引クーポンも抽選プレゼントとして30名に用意されています。

今後キャセイパシフィックのソーシャルメディアアカウントによる発信や、広告展開をはじめ、蜷川氏自身による撮り下ろし写真のソーシャルメディア投稿など、様々な機会を用いてキャンペーン告知を行っていきます。

キャセイパシフィックのニック・ブルックス日本支社営業本部長は、「今回の蜷川実花さんとの素晴らしいコラボレーションを大変嬉しく思っています。本キャンペーンを通じて、多くのお客様が香港の新しい魅力に関心を持ち、キャセイパシフィックを利用して香港を訪れてくださることを願っています」と述べています。

また、蜷川氏は「今回のキャンペーンで、多くの方に香港の魅力に気づいていただき、香港に興味を持っていただけたら嬉しいです」とコメントしています。

「蜷川実花 × 香港 by Cathay Pacific」キャンペーンの詳細は、キャセイパシフィック航空のウェブサイト(www.cathaypacific.co.jp)にてご覧いただけます。

 

蜷川実花(にながわみか)

写真家・映画監督

木村伊兵衛写真賞ほか数々受賞。映画『さくらん』(2007)、『ヘルタースケルター』(2012)監督。映像作品も多く手がける。2008年、「蜷川実花展」が全国の美術館を巡回。2010年、Rizzoli N.Y.から写真集を出版、世界各国で話題に。2016年、台湾の現代美術館(MOCA Taipei)にて大規模な個展を開催し、同館の動員記録を大きく更新した。

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会理事就任

 

キャセイパシフィック航空グループ

キャセイパシフィック航空グループは、東京(成田・羽田)、大阪、名古屋、福岡、札幌、那覇の日本6都市7空港と香港を結ぶ路線で毎日20便以上(台北経由便を含む)のルート最多便数を運航しています。「心からのおもてなし」をモットーに、英スカイトラックス社による「ワールド・エアライン・アワード」では最多受賞記録となる過去通算4回の「エアライン・オブ・ザ・イヤー」に輝いています。

*ダイナミックパッケージは、キャセイホリデージャパンが企画・実施する旅行です。

高解像度の写真の提供については広報までお問合せください。

                                                                                                                                                   

本件に関するお問い合わせは

『キャセイパシフィック航空』広報 バーソン・マーステラ 担当:中村、佐久間

TEL: (03) 3264-6713 / FAX: (03) 3237-1244 / CathayPacificJP.PR@bm.com