Jump to main content

プレスリリース

キャセイパシフィック航空、“ジャンボ”旅客機を退役 最終便は10月1日の羽田発香港行きCX543便

2016年08月05日

キャセイパシフィック航空は、同社が保有するボーイング747型機による最後の商用飛行となるさよならフライトを、2016年10月1日(土)羽田発香港行きCX543便にて運航します。これまでキャセイパシフィック航空は、ボーイング747-400型旅客機の退役を進め、順次新しい機材への入れ替えを行ってきました。そして、このたびボーイング747型機による最後のフライトを運航します。

 

この最終フライトを記念して、同社のFacebook公式アカウントを利用したキャンペーンを実施します。キャンペーンでは、ボーイング747型機に関わる思い出をテキストや写真、動画を用いてフェイスブックでシェアしてもらい、応募者の中から抽選および審査で選ばれた10名様を、10月1日の朝、最終フライトの離陸前に行われる機体見学会に招待します。詳細はキャセイパシフィック航空の公式Facebookで、今月中旬に案内されます。

 

ボーイング747シリーズは、アメリカのボーイング社が1970年代初頭より開発し、“ジャンボジェット”の愛称で親しまれた超大型旅客機で、今日グローバル・エアラインとして高く評価されるキャセイパシフィック航空の成長を支えてきました。キャセイパシフィック航空は、同シリーズによる旅客機でおよそ1億6000万人の乗客を世界各地に運び、総飛行距離は月までの往復2,700回に相当します。また、香港の啓徳(カイタック)空港を最後に飛び立ち、現在の香港国際空港に最初に降り立ったことからも、ボーイング747型機は、香港の航空業界の歴史にとって重要な役割を果たし、キャセイパシフィック航空の乗客にとっても思い出深い機種であると言えます。

 

2016年8月5日現在、キャセイパシフィック航空が保有するボーイング747-400型機は残すところ3機となっており、羽田、成田および台北と香港を結ぶ路線を中心に運航しています。ボーイング747-400型機はキャセイパシフィック航空が保有する旅客機としては10月1日を最後に退役しますが、その優れた貨物搭載能力と航続性能により、キャセイパシフィック航空の主力貨物専用機として貨物輸送を牽引し続けます。

 

また、キャセイパシフィック航空のボーイング747型機の退役を記念した香港への特別パッケージツアーが、主要旅行会社にて好評販売中です。

 

本件に関するお問い合わせは

 

『キャセイパシフィック航空』広報 

バーソン・マーステラ 担当:中村、佐久間

TEL:(03)3264-6713/FAX:(03)3237-1244/CathayPacificJP.PR@bm.com