Jump to main content

プレスリリース

キャセイパシフィック航空 日本支社長にライオネル・クオックを任命

2016年09月20日

キャセイパシフィック航空は、日本支社長にライオネル・クオック(Lionel Kwok)を任命しました。ライオネル・クオックは2016年9月19日付で着任します。

ライオネル・クオックは1964年香港生まれで、香港大学(電気電子工学専攻)を卒業後、1987年にキャセイパシフィック航空に入社、情報管理システム部でキャリアをスタートしました。1994年から1996年まで日本支社長補佐を経験し、その後も日本市場や日本文化に深い関心を持ち続けています。

その後ベトナムや南アフリカでカントリーマネージャーを務めるなど、海外支社のマネージメント職を歴任。また、関連会社であるキャセイホリデー社のマネージングディレクターやグローバル・ロジスティクス・システムズ社(香港)の最高経営責任者(CEO)なども務めました。2012年からは、香港本社で貨物サービスシステムプロジェクトのジェネラルマネージャーとして活躍し現在に至っています。

なお、前任のクラレンス・タイは、キャセイパシフィック航空の子会社である香港エアポート・サービス社、上海国際空港株式会社、中国国際航空の3社によって2012年に設立されたジョイントベンチャー、上海国際空港サービス株式会社の代表取締役副社長に就任しています。

 

 

本件に関するお問い合わせは
『キャセイパシフィック航空』広報 バーソン・マーステラ 担当:中村、佐久間
TEL: (03) 3264-6713/FAX: (03) 3237-1244/CathayPacificJP.PR@bm.com