Jump to main content

プレスリリース

キャセイパシフィック航空 香港国際空港「ザ・ピア」のビジネスクラスラウンジをリニューアル

2016年05月26日

キャセイパシフィック航空は全面改装工事を終えた香港国際空港「ザ・ピア」のビジネスクラスラウンジを披露しました。北西コンコースの65番ゲート近くに位置する「ザ・ピア」の新ビジネスクラスラウンジは550に上る総座席数を有しており、総床面積は3,306平方メートル。従来よりも約1,000平方メートル拡張され、香港国際空港に併設されているキャセイパシフィック・ラウンジの中で最も広いラウンジへと生まれ変わりました。

 

「ザ・ピア」の新ビジネスクラスラウンジでは、ロンドンを拠点に活躍するイルゼ・クロフォード氏率いるスタジオイルゼ(StudioIlse)を起用し、感性に響く心地良さとともにゆったりとくつろげるリフレッシュ空間を創出。キャセイパシフィック航空のブランド概念に則った新ラウンジのデザインは、お客様の旅行体験の向上を目指し、香港を象徴する街の通りの雰囲気を醸し出し、乗客それぞれが好みのペースでラウンジ施設を楽しめる空間を演出しています。

 

ラウンジに足を踏み入れると、「fast (ファスト)」と「slow (スロー)」の2本に分かれた通りを目にします。fast lane (ファスト・レーン)を進むと、活気に満ち溢れたセルフサービス形式の「フード・ホール」やキャセイパシフィック・ラウンジを象徴する「ザ・ヌードル・バー」をはじめとした様々な飲食施設が揃っています。セルフサービス形式の「フード・ホール」にはアジアで見かける通りの屋台からインスピレーションを受けたコーヒー・カートを備え、プロのバリスタによる挽きたてのコーヒーを提供。そして「ザ・ヌードル・バー」ではアジア各国の麺料理と中華の点心や饅頭に加えて、人気の高い担担麵やワンタン麺など様々な特製麺料理が終日用意されます。

 

slow lane (スロー・レーン)を進むと、大きな窓ガラスやガラス障子の格子戸から広がる景色が楽しめる広々とした座席空間が待ち構えています。静寂なスペースには読書灯と専用サイドテーブルが組み込まれたキャセイパシフィック特製のソロチェアーを要所に配置。滑走路とその向こうに広がる景色をのんびりと眺めたり、仕事をしたりするのに適した空間を提供しています。

 

人々が行き交う通りを抜けると「ザ・ピア」の新ビジネスクラスラウンジ用に特別に開発された新しい施設「ティー・ハウス」へと入っていきます。この静かな一角では専門家が用意する豊富な種類のお茶が楽しめ、シャワーを浴びた後や空港の喧騒へと戻る前にリラックスしながら安らぎのひとときを過ごすことができます。

 

布張りの低い椅子とフットレストが備わる14室のシャワースイートとリラクゼーションルームは、ラウンジの奥に設けられている安らぎの空間に配置。リフレッシュを図りながらストレスを解消するのに適した落ち着いたくつろぎの環境を提供しています。

 

シンプルさと温かみを強調しながらコンテンポラリーなアジアの要素を取り入れるキャセイパシフィック航空のブランド概念に基づき、今回の全面改装では石灰岩や桜の木など、時代を超越した温かさと触感を兼ね備えた上質な自然素材を多用することで穏やかで不変的な空間を創造。可能な限り音響を抑えると同時に照明についても最大限の配慮を施しています。また植物を数多く配置することで、よりナチュラルかつ健康的な雰囲気を演出するとともに、香港の様々なアート作品を随所に配置して地元アーティストの支援に繋げています。

 

「ザ・ピア」の新ビジネスクラスラウンジの利用対象はファーストおよびビジネスクラスのお客様とシルバー以上のマルコポーロ会員、マイルでラウンジパスを獲得した全ての会員とそのご友人・ご家族、そして香港を出発または乗り継ぐワンワールドのエメラルドとサファイヤ会員で、営業時間は午前5:30から最終便が出発するまでとなっています。

 

 

 

本件に関するお問い合わせは

 

『キャセイパシフィック航空』広報 バーソン・マーステラ 担当:中村、佐久間

TEL: (03) 3264-6713/FAX: (03) 3237-1244/ CathayPacificJP.PR@bm.com