Jump to main content

プレスリリース

キャセイパシフィック航空グループ、さらなる発展に向けて 香港ドラゴン航空のブランド名称をキャセイドラゴン航空へ変更

2016年01月29日

キャセイパシフィック航空グループは本日、キャセイパシフィック航空が全額出資する姉妹航空会社である香港ドラゴン航空のブランド名称を「キャセイドラゴン航空」へと変更することを発表しました。さらなる発展を見据えて、両社は個々に航空事業免許を保持しながら異なる航空会社として運航を続けていきます。

2つのブランドの一体感を高めることにより、国際的に高い認知度を誇るキャセイパシフィック航空のブランド力と、ビジネスおよびレジャー旅行市場として急速に拡大する中国及びアジア近隣地域において、独自の接続利便性を提供するキャセイドラゴン航空ならではの強みが一体となります。これにより両社の乗客には、さらなる利便性とよりスムーズな旅行体験の機会が提供されます。

キャセイパシフィック航空による2006年の完全子会社化以降、香港ドラゴン航空は新たに23都市を就航地として加えており、両社のフライトを乗り継ぐ旅客は2015年には5倍の700万人以上へと拡大しました。両社を合わせた年間利用旅客も、2006年の2,200万人から昨年は3,400万人へと増加しています。

これらの大きな成長は、キャセイパシフィック航空グループが香港国際空港を通して中国本土とアジア近隣地域、さらには長距離市場を繋げる努力を続けてきた成果といえるでしょう。

同航空のアイヴァン・チュー最高経営責任者は次のように述べています。「これまでに両社が力を合わせて成し遂げた偉業を誇りに思います。今回のブランド変更により、世界各国からの旅客にキャセイドラゴン航空がキャセイパシフィック航空グループの一員であることを容易に認識してもらえるようになります。両社間を乗り継ぐ乗客は急増しておりますが、この乗客の流れが円滑になり、いっそうシームレスな旅行体験が可能になるでしょう。

私どもは、世界有数の航空輸送拠点、そして巨大な中国市場への玄関口として発展を続ける香港のさらなる繁栄に向けて邁進してまいります。そして今回のブランド変更において、上質なサービスで定評あるキャセイパシフィック航空のブランド力と信頼性を活用しながら、グループとしての競争力をさらに磨いてまいります。」

ブランド変更に伴い、キャセイドラゴン航空の航空機にはキャセイパシフィック航空のデザインを踏襲するブラッシュウィングのロゴが採用されます。新塗装が施される最初の運航機材はエアバスA330-300型機で、4月のお披露目となります。新しいデザインの塗装は順次他の運航機材にも施されます。

キャセイドラゴン航空のアルジャーノン・ヤウ最高経営責任者は「我々は『ワールド・ベスト・リージョナル・エアライン賞』を4回獲得した航空会社として、フレンドリーでおもてなしの心溢れる熱心なチームとともに、これまでと変わらず上質なサービスとプロダクトを乗客に提供し続けることをお約束いたします。これまで培ってきた経験を基に、定評ある中華やアジア各国の料理、香港の点心を採り入れた機内食など、乗客に喜んでいただけるサービスのさらなる追求に努めてまいります」と述べています。

なお、キャセイパシフィック航空グループではキャセイドラゴン航空の認知度向上のため、今年後半に広告・マーケティングキャンペーンを世界各地で展開することを計画しています。

詳しくは、キャセイパシフィック航空ウェブサイトをご覧ください

http://www.cathaypacific.com/cx/ja_JP/cathaydragon/introduction.html

 

プレスキットのダウンロードは、こちら

http://downloads.cathaypacific.com/cx/press/Cathay-Dragon.zip

 

本件に関するお問い合わせ

『キャセイパシフィック航空』広報 バーソン・マーステラ 担当:中村、佐久間

TEL: (03) 3264-6713/FAX: (03) 3237-1244/CathayPacificJP.PR@bm.com