Jump to main content

プレスリリース

キャセイパシフィック航空 過去最大の環境プロジェクトとなるエアバスA340型機のリサイクルを発表

2015年11月25日

 

キャセイパシフィック航空は過去最大規模のリサイクルプロジェクトとして、運航機材からの退役を順次進めているエアバスA340型機の解体及びリサイクルに着手することを明らかにしました。

同航空では資源の有効活用と消費燃料や廃棄物の削減を含めた持続可能な発展に積極的に取り組んでおり、任務を終えたエアバスA340型機の最終処分に際しても大幅な廃棄物の削減を実現します。

同航空のコーポレートアフェアー部門取締役を務めるジェームズ・トンは「キャセイパシフィック航空は企業として環境に対する責任を果たすことを重要視しています。退役した航空機の処分に際しても、環境への配慮を高めながら系統立った手法を確立するために、パートナー各社と連携しながら努力を続けています。これまでの取り組みによって機体重量の90%相当をリサイクルし、埋め立て処分となる廃棄物の割合を10%以下に抑えることに成功を収めています。私どもはより環境にやさしい事業の展開に向けて、技術革新による恩恵を最大限に活用しながら、持続可能性のより高い業務の遂行に取り組んでいく所存です」と述べています。

キャセイパシフィック航空は1機目のエアバスA340-300型機を1996年に受領後、長距離および中・近距離路線において約13,000本のフライトを運航。エンジン4基を搭載する同型機は順次退役を進めています。そして同航空はフランス南西部に施設を構える英国のエアフィン社を通じて、環境への配慮がより行き届いた解体方法を選択しています。

2015年に退役した4機のエアバスA340型機はすでに解体施設へと輸送されており、3段階でのリサイクル行程が進められます。第一段階は機体の分解とタンクから燃料や水を抜く作業。第二段階ではエンジンや着陸装置といった機体を構成する様々な部品や装置が取り外され、それぞれ点検や清掃を済ませた後に再利用されていきます。最終段階ではリサイクル不可能な廃棄物となる部分を分解するとともに、その他のワイヤー部分などを分別。胴体部分は切断されてから分別の後にリサイクル業者へと回されます。

機体重量の40%を構成するアルミは溶解された後に、窓枠やドアなどの建設資材や航空宇宙、自動車産業用の素材として再利用されます。このようにリサイクルされるアルミは、金属精製の初期段階で費やされるエネルギーを削減できるという利点も備えています。

キャセイパシフィック航空では燃費の劣る旧型機をより騒音が低く燃料効率に優れた最新鋭機へと入れ替える運航機材の刷新を継続的に推進しており、エアバスA340-300型機の退役もこの一環となります。残る7機のエアバスA340機も2017年末までには退役完了となります。同航空は現在、世界有数の機齢の若さを誇る計147機のワイドボディ機を運航しており、2016年に受領が始まるエアバスA350型機を含め、2024年までに計69機の最新鋭機の受領を予定しています。

 

 

キャセイパシフィック航空グループ

キャセイパシフィック航空グループは、東京(成田・羽田)、大阪、名古屋、福岡、札幌、沖縄、広島の各都市と香港を結ぶ路線で毎日20便以上(台北経由便を含む)のルート最多旅客便数を運航しています。「心からのおもてなし」をモットーに、英スカイトラックス社による「ワールド・エアライン・アワード」では最多受賞記録となる過去通算4回の「エアライン・オブ・ザ・イヤー」に輝いています。

 

 

 

本件に関するお問い合わせは

 

『キャセイパシフィック航空』広報

バーソン・マーステラ 担当:佐久間、恩田、中村

TEL: (03)3264-6713/FAX: (03)3237-1244/CathayPacificJP.PR@bm.com