Jump to main content

プレスリリース

キャセイパシフィック航空 マカオ観光局と共同で「マカオに行こう!」キャンペーンを実施

2015年08月03日

キャセイパシフィック航空とマカオ観光局は共同で、キャセイパシフィック航空のビジネスクラスで行くザ・リッツ・カールトン マカオ プレミアスイートに泊まるマカオ旅行が当たる「マカオに行こう!」キャンペーンを実施します。今回のキャンペーンは、今年4月にマカオ観光局の公式フェイスブックとツイッターが開設された記念プロモーションに、キャセイパシフィック航空が協力する形で行うものです。

 

2015年8月3日から8月31日までのキャンペーン期間中、キャセイパシフィック航空が運営する香港・マカオのおすすめ情報が満載のウェブサイト「香港スタイル」から応募が可能で、グランドプライズとして、日本 / 香港間はキャセイパシフィック航空のビジネスクラスを利用し、マカオでは開業したばかりの全室スイートルームのホテルとして話題のザ・リッツ・カールトン マカオのプレミアスイートに宿泊(3泊。クラブラウンジへのアクセス、ホテル~フェリーターミナル間の送迎付)するマカオ旅行が抽選で1組2名にプレゼントされます。香港国際空港  / マカオ間はフェリーのスーパークラス、現地マカオではアクティビティーのハイライトとしてマカオタワーからのバンジージャンプ体験も賞品に含まれます。その他、マカオ観光局賞としてポルトガルワイン6本セットが1名に、キャセイパシフィック賞としてエアクラフトモデルが3名に、それぞれ抽選でプレゼントされます。

 

香港国際空港からマカオへは直行フェリーで約50分。利便性もよく日本からマカオへのアクセスとしては香港経由が最大のルートです。香港国際空港に併設されたフェリーターミナル「スカイピア」からマカオへは、香港での入国手続きが必要なく、日本で預けた手荷物もマカオでの受け取りができるため、香港市内とマカオとの間を往復するルートと並び、需要の高いルートとなっています。

 

世界文化遺産、そしてポルトガルの雰囲気漂うパステルカラーの街並みが魅力のマカオは、バラエティー豊かなダイニング、ショーなど数々のエンターテイメントに加え、充実したホテルライフが楽しめる人気のデスティネーション。7月には、世界文化遺産に登録された「マカオ歴史市街地区」が10周年を迎え、今後多くの記念イベントを予定しています。

 

キャセイパシフィック航空は東京(成田・羽田)、大阪、名古屋、福岡、札幌、沖縄の各都市と香港を結ぶ路線で毎日20便以上(台北経由便、香港ドラゴン航空とのコードシェア便を含む)のルート最多旅客便数を運航中。この8月16日からは、姉妹会社の香港ドラゴン航空が広島から香港への直行便の運航を開始し、マカオや香港への旅により一層の利便性を提供します。「心からのおもてなし」をモットーに、英スカイトラックス社による航空旅客満足度調査で5つ星を獲得し続ける質の高いサービスを誇るとともに、「ワールド・エアライン・アワード」では最多受賞記録となる過去通算4回の「エアライン・オブ・ザ・イヤー」に輝いています。

 

 

本件に関するお問い合わせは

 

『キャセイパシフィック航空』広報 

バーソン・マーステラ 担当:佐久間、恩田、中村

TEL: (03) 3264-6713/FAX: (03) 3237-1244

CathayPacificJP.PR@bm.com