Jump to main content

プレスリリース

キャセイパシフィック航空 福岡/香港線就航50周年記念の式典を開催

2015年09月02日

キャセイパシフィック航空は2015年9月2日(水)、福岡/香港線就航50周年を迎えました。これを記念し、キャセイパシフィック航空は同日、福岡空港国際線ターミナルビル3階の出発ゲートにて、記念式典を開催いたしました。

 

50年前の1965年(昭和40年)9月2日、キャセイパシフィック航空は福岡と香港を結ぶ最初の定期便として運航を開始し、当時は木・土曜日の週2便、香港-台北-福岡-ソウル-福岡-香港のルートで運航していました。福岡は、キャセイパシフィック航空にとって日本で東京(羽田)、大阪に続く3番目の就航都市でした。

 

福岡/香港線就航50周年記念式典は、CX511便出発前の搭乗を待つ人々でにぎわう53番ゲートにて、にぎやかなライオンダンス(中国獅子舞)とともにスタートしました。来賓の国土交通省 大阪航空局 福岡空港事務所空港長 垣阪紀之様と福岡空港ビルディング株式会社 代表取締役社長 麻生渡様からの祝辞の後、キャセイパシフィック航空 日本支社長 クラレンス・タイは、福岡空港とキャセイパシフィック航空について「現在、キャセイパシフィック航空と香港ドラゴン航空は福岡/香港間で毎日2便、週14便を運航しています。これは、福岡と香港を結ぶ路線としては、最も多い便数です。今後も、キャセイパシフィック航空が福岡、九州地方と香港の結びつきを強め、皆様に愛される航空会社として福岡の旅行産業やビジネスに大きく貢献できるよう、より一層努力して参ります」と述べました。

 

式典の最後には、就航50周年を記念して2015年7月10日から7月31日まで実施された、オンライン投稿写真がキャセイパシフィック航空のオリジナルポストカードになる「みんなでつくる#lifewelltravelled 写真投稿キャンペーン」の最優秀賞が発表され、最優秀賞に選ばれた山下智啓様に花束が贈呈されました。50周年という記念すべき日にCX511便で香港へ旅立つ搭乗客には、記念としてフォトコンテスト最優秀賞作品の記念ポストカードと、キャセイパシフィック航空のオリジナルグッズがプレゼントされました。

 

キャセイパシフィック航空は福岡就航50周年を記念して、2015年9月2日から9月15日の2週間限定で、福岡発香港行き「エコ得期間限定福岡就航記念スペシャル」運賃を27,000円(燃油サーチャージ、諸経費は別途)で販売を開始しました。出発期間は、2015年10月27日から12月25日までとなっています。今回の特別割引運賃は、全国の主要旅行会社、およびキャセイパシフィック航空ウェブサイトcathaypacific.co.jp にて販売され、利用条件などの詳細についても同ウェブサイトでご確認いただけます。

 

キャセイパシフィック航空は東京(成田・羽田)、大阪、名古屋、広島、福岡、札幌、沖縄の各都市と香港を結ぶ路線で毎日20便以上(台北経由便、香港ドラゴン航空とのコードシェア便を含む)のルート最多旅客便数を運航しています。「心からのおもてなし」をモットーに、「ワールド・エアライン・アワード」では最多受賞記録となる過去通算4回の「エアライン・オブ・ザ・イヤー」に輝いています。

 

本件に関するお問い合わせは『キャセイパシフィック航空』広報 

バーソン・マーステラ 担当:佐久間、恩田、中村 

TEL: (03) 3264-6713/FAX: (03) 3237-1244/CathayPacificJP.PR@bm.com