Jump to main content

プレスリリース

キャセイパシフィック航空 三菱UFJニコスとの提携クレジットカードを発行

2015年02月10日

キャセイパシフィック航空は三菱UFJニコスと提携し、日本国内では初めての提携クレジットカードとなる「キャセイパシフィック MUFGカード」を導入する。カード利用で同航空が提携するマイレージプログラム「アジア・マイル™」におけるマイルを積算しやすくするなど、利用客へのサービス充実を図る。

今回発行される提携クレジットカードはプラチナカードの「キャセイパシフィック MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カード」とゴールドカードの「キャセイパシフィック MUFGカード ゴールド MasterCard®」の2種。2015年2月12日(木)より会員募集を開始するとともに、発行を記念し2015年5月31日までの期間、最大60,000アジア・マイルを獲得できる入会キャンペーンを実施する。

 

今回導入される2種のカードは、利用金額に応じてアジア・マイルが自動的に積算され、プラチナカードの場合、国内での利用100円毎に1.5マイル(ゴールドカードは1マイル)、海外での利用では2マイル(ゴールドカードは1.5マイル)が付与される。またキャセイパシフィック航空のウェブサイトcathaypacific.co.jpから航空券をオンライン予約・購入で、100円につき1マイルが通常のマイルに追加で加算される。なお、入会時にはもれなく10,000アジア・マイル(ゴールドカードは3,000マイル)が進呈される。その他、プラチナカード限定で、24時間日本語対応の「プラチナ・コンシェルジュサービス」や、世界700ヵ所以上の空港ラウンジが利用できる「プライオリティ・パス」、「手荷物空港宅配サービス」、ザ・マルコポーロクラブのグリーンメンバーへの無料入会(通常50USドルの入会費が必要)といった多様な特典を用意している。

 

2月12日から5月31日までの入会者を対象に実施する入会キャンペーンでは、プラチナカードに入会の場合、入会ボーナスマイル10,000マイルに加えて、入会から4ヶ月(入会月を含む)のカード利用金額合計が50万円を超えた利用者の中の10名につき1名に50,000マイルがさらに付与され、最大60,000マイルを積算することができる。ゴールドカードに入会の場合は、入会から4ヶ月(入会月を含む)のカード利用金額合計が30万円を超えた利用者10名につき1名に30,000マイルが付与され、入会ボーナスマイル3,000と合わせると、最大獲得マイルは33,000マイルとなる。

 

「キャセイパシフィック MUFGカード」および入会キャンペーンに関する詳細はwww.cathaypacific.co.jp/mufgで案内されている。

 

 

本件に関するお問い合わせは

 

『キャセイパシフィック航空』広報 

エンゴー株式会社 担当:佐藤優子、坂本徳土

TEL: (03) 6277-8118/FAX: (03) 6277-8119