Jump to main content

プレスリリース

キャセイパシフィック航空 香港/ボストン線の開設を発表

2014年08月25日


キャセイパシフィック航空は2015年5月2日より香港/ボストン(米・マサセッチュー州)線をノンストップで週4便運航すると発表した(政府認可申請中)。ボストンと香港を結ぶ直行便の就航は初となる。

キャセイパシフィック航空にとり、ボストンはアメリカ合衆国における6番目の就航都市。北米全体においては、シカゴ、ロサンゼルス、ニューヨーク(JFK)、ニューアーク、サンフランシスコ、トロント、バンクーバーに次ぐ8番目の乗り入れ都市となる。同航空は本年ニューアーク線のデイリー便就航をはじめ、ロサンゼルス線に4つ目のデイリー便を就航、シカゴ線では新たに週3便を加えるなど米国への輸送能力を大幅に増強している。

香港/ボストン線においては近年リフレッシュされたファーストクラス、数々の受賞に輝くビジネスクラス、好評のプレミアム・エコノミークラス、そして長距離路線用エコノミークラスの計4クラスで構成されたボーイング777-300ER型機を投入。高品質の機内サービスと、全席に装備された最先端の機内エンターテイメントシステムとともに最上級の機内体験を提供する。

キャセイパシフィック航空のアイヴァン・チュー最高経営責任者は「世界各地へと広がるネットワークにボストンが加わることを大変嬉しく思う。ボストンと香港はビジネス面、教育面、文化面において強い絆で結ばれている。香港/ボストン線の旅行者の間でも長距離の旅行に際した上質なサービスに大きな期待が寄せられている」。

「キャセイパシフィック航空は本年米国への輸送能力増強を進めており、より多くのフライト選択肢を提供することで、米国での存在感を高めてきた。新たに就航するボストン線は、香港と米国の東海岸間におけるビジネスおよびレジャー客の需要に応えるものとなる。既存の米国の運航都市もさることながら、今回のボストン線の開設により国際航空輸送拠点である香港の地位がより強固なものとなる」と述べている。

2015年5月2日より就航する香港/ボストン線の運航スケジュールは以下のとおり:

2015年夏期

便名

出発地

到着地

出発時刻/到着時刻

運航日

CX812

香港

ボストン

18:00/21:30

月、火、木、土

CX811

ボストン

香港

01:45/05:35 +1

火、水、金、日

 

2015年冬期

便名

出発地

到着地

出発時刻/到着時刻

運航日

CX812

香港

ボストン

18:00/20:40

月、火、木、土

CX811

ボストン

香港

01:30/06:20 +1

火、水、金、日

(便名、スケジュールは政府認可申請中で予告なく変更となる場合がある。時間はすべて現地時刻。)

本件に関するお問い合わせは

『キャセイパシフィック航空』広報 

エンゴー株式会社 担当:佐藤優子、坂本徳土