Jump to main content

キャセイパシフィック航空 機内でのアカデミー賞特集月間を実施

2012年04月04日

キャセイパシフィック航空は、映画界で最も権威のあるアカデミー賞の受賞とノミネートを祝って、2012年のアカデミー賞®受賞・ノミネート作品を、4月の1か月間機内エンターテイメントプログラムに取り入れる。

今年のアカデミー賞の受賞・ノミネート作品から選りすぐられた18作品は、キャセイパシフィックの機内エンターテイメントシステムStudioCX で視聴できる。乗客が通常楽しめる100本以上の映画、500時間以上のTV番組、888枚のCDに追加されるこれら18作品の特別予告編は、同航空のウェブサイトwww.cathaypacific.comで観ることができる。

例年以上にレベルの高い作品と世界的なスターが出揃った作品の中で、主演男優賞候補として注目を集めたのは『ファミリー・ツリー』のジョージ・クルーニーと、『裏切りのサーカス』のゲイリー・オールドマンの2人だったが、栄光を手にしたのは『アーティスト』のジャン・デュジャルダンだった。主演女優賞は、アカデミー賞史上女性最多の17回のノミネート記録を持つ『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』のメリル・ストリープが圧倒的な演技力を発揮して受賞。『ソフィーの選択』以来の今回の受賞で、3度目の受賞となる。助演女優賞は、『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』のオクタヴィア・スペンサーの手に渡った。

キャセイパシフィック航空のプロダクト担当ジェネラルマネージャーのアレックス・マクゴワンは、「キャセイパシフィック航空は乗客に対するクオリティーの高い機内エンターテイメントプログラムの提供に努めており、今回選択したアカデミー賞受賞・ノミネート作品は映画界が誇れる最も優れたレベルのものだ」と述べている。

18本のアカデミー受賞およびノミネート作品は以下のとおり

・『ヒューゴの不思議な発明』                    ・『ミッドナイト・イン・パリ』

・『アーティスト』                      ・『戦火の馬』

・『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』       ・『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち

・『別離』                       ・『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密

・『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜          ・『マージン・コール』

・『マリリン 7日間の恋』                 ・『スーパー・チューズデー ~正義を売った日~』

・『ドラゴン・タトゥーの女』              ・『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』

・『ザ・マペッツ』(原題The Muppets)   ・『カンフー・パンダ2』

・『ファミリー・ツリー』                              ・『裏切りのサーカス』

*アカデミー賞受賞全作品は、オン・デマンドのオーディオ・ビデオシステムを搭載したキャセイパシフィックの全ての機種で視聴可能となる予定。

 

お問い合わせ先

本件に関する本件に関する報道、メディア関係のお問い合わせは:
『キャセイパシフィック航空』広報
エンゴー株式会社  担当:吉田倫子、坂本徳土
TEL: (03) 6277-8118/FAX: (03) 6277-7352