Jump to main content

プレスリリース

キャセイパシフィック航空 スカイトラックス社「ワールド・ベスト・ビジネスクラス」賞を受賞

2012年07月13日

乗 客の声に耳を傾け、貴重なフィードバックを取り入れながら設計されたキャセイパシフィック航空のビジネスクラスが、毎年恒例のスカイトラックス社ワール ド・エアライン・アワードにおいて「ワールド・ベスト・ビジネスクラス」賞に選出された。同アワードは世界各国の航空旅客1,800万人以上の投票によって選出されている。

 

キャセイパシフィック航空のジョン・スロー サー最高経営者は「昨年より導入中の新ビジネスクラスは、乗客とプロダクト開発チームの絶妙なコラボレーションによって具現化されたプロダクトであること から、今回の受賞はこれまで以上に意義深い。最高の価値を知り尽くしているのは他ならぬ乗客であることから、新ビジネスクラスの開発に際しては乗客の声に 徹底して耳を傾け、その貴重なフィードバックを基にコスト効率と快適性、プライバシーのバランスを最適化したプロダクトを実現した。新ビジネスクラスは ユーザー本位で作り上げた機内の客室空間である」。

 

「プロダクトに対する評価を最も適切に下せるのも実際に自ら体験した乗客。キャセイパシフィック航空は他社を凌駕するプロダクトとサービスを提供している、と乗客に評価されることはこの上なく光栄なこと」と述べている。

 

さらにスローサー最高経営者は「言うまでもなく、最高の座席と言えども傑出したサービスが伴わなければ最高の評価には繋がらない。“People do make airline” というフレーズは単なる広告コピーではない。今回の受賞の原動力となっているのはスタッフ以外の何ものでもない。スタッフが提供するサービスは容易に模倣 されるものではない。地上および機内での乗客サービスの提供に際して、キャセイパシフィック航空は航空業界で最も優秀な人材を擁していると自負してい る」。

 

「この賞を香港に持ち帰ることができるのは 非常に栄誉なこと。香港は我々のホームタウンであり、香港の利用客は最高のものを享受するに値する人々。この賞は香港に備わるエネルギーと創造力の証(あ かし)とも言える。航空業界の世界の舞台で、香港代表としてキャセイパシフィック航空が勝ち得た賞を見せられるのを誇りに思う」。

 

「今回の受賞に導いてく れたキャセイパシフィック航空のスタッフ全員に心から感謝の意を表したい。また日頃からキャセイパシフィック航空を利用し、新ビジネスクラスの設計を支え てくれた乗客、そしてレジャーやビジネス旅行を介して世界と香港を相互に結んでくれる世界各国の旅行者にも感謝したい」と述べている。

 

 

キャセイパシフィック航空の新ビジネスクラスの概要

 

キャビンに足を踏み入れた瞬間、開放的な広がりを感じる。巧みにデザインされたラインで 仕切られた座席はプライバシーを保ちながらも全座席から直接通路に出る導線を確保。抽象的な模様の入った豪華な織物地の座席、新鮮なランの切り花やオリジ ナルアート作品で装飾され室内は暖かみのある上質な居心地を演出する。

 

収納スペース

座席エリアではまず、横脇の収納スペースが目にとまる。ここにはハンドバックやラップトップパソコンのケースなどを収納することができ、手がとどきやすい場所に飲料水ボトルのホルダーもある。

 

さらにサイドキャビネットと靴入れにはそれぞれ小さな貴重品や靴を収納できる。サイドキャビネットドアの裏側には鏡もある。飛行中、サイドキャビネットを開いておけば、プライバシーを守る間仕切りとして使用することもできる。

 

リビングスペース

背もたれの両側に袖状の突き出しのある現代的なデザインのシートによって周りの空間から 仕切られたプライベートエリアが生まれる。座席シート周りはできるだけスペースが広く確保できるようにデザインされている。様々な動作が窮屈にならないよ う個別のプライバシーエリアが確保されている。

 

窓からの眺め

外側の座席には乗客が窓から外の景色を十分に楽しめるようにゆるやかな角度がつけられている。

 

座席コントロール

乗客がすぐ手近で操作できるように設置したエンターテイメント用コントローラーにより、 ワイドスクリーンで楽しめるオンデマンドのエンターテイメントシステムの操作が可能である。高級車仕様のような座席コントローラーはボタン操作ひとつで直 立、リラックスポジションからフルフラットベッドまで座席調節が可能である。

 

ベッド

民間エアラインのサイズ仕様としては最も幅広で、最長級を誇るベッドにより乗客は好きな体勢で眠ることができる。人間工学に基づき、座席としてもベッドとしても最大限の快適性を提供できるようデザインされている。

 

「ベッドエクステンション」という名称の新機能の採用により、座席がベッドに変わると自 動的に幅が広がるようになっている。格納式アームレストは下げることでベッドスペースをさらに広げる事もでき、また高い位置に保ったままプライバシー用の 間仕切りとして使用することも可能である。


 

 

同行者に配慮した座席配置

中央の座席は隣の座席に向けて角度がつけられており、友人や仲間と旅行する際の利用に最適である。シートをリクラインして、ワイドスクリーンTVを使用すればプライバシーが保たれる。またボタン操作ひとつで前方のスライドが調節でき、中央のカクテルテーブルを挟んで仲間や友人との会話などを楽しむこともできる。

 

ビジネス、エンターテイメント用の設備

すべての座席には国際仕様の電源差し込み口が備えてあり、電気機器を充電できる。マルチポートコネクターにはRCAポート、iPhone/iPodコネクター、USB ポートが揃っている。RCAポートとiPhone/iPodコネクターを使用すると乗客は手持ちの機器をつないでパーソナルTV モニターでビデオを楽しむこともできる。USB ポートは携帯電話やブラックベリー機器などを充電することができる。

 

メインテーブルに加えて大型のカクテルテーブルを使用すれば、ビジネスなどの作業により広いスペースが確保できる。さらに明るさや角度が調節可能な読書灯も備えられている。

 

素材と仕上がり

新ビジネスクラスキャビンの素材には天然素材の革、つや消しスチール、高級な織物等が用いられ、落ち着きのある緑、茶色やシャンパン色が基調とされている。テーブルトップのデザイン、新鮮な切り花、収納エリアの色遣いが暖かな雰囲気を醸し出している。

 

機内正面の壁の竹のデザインは同航空により新設された香港国際空港のラウンジ「ザ・キャ ビン」のレセプションの壁を飾るデザインと連携しており、香港のアーティストマリア・ロボが手がけた巧みなオリジナルアート作品のバックドロップとなって いる。マリアの創造的な抽象造形には西洋とアジアの手法が取り入れられており、新ビジネスクラスキャビンの洗練された国際性にアジアの香りを加えている。

 

食器と寝具類

新ビジネスクラスでは食器も一新され、シンプルでエレガントな日本の「ナルミ」ブランド の白磁器が採用される。前菜用のプレートは香港国際空港に新設された同航空のラウンジ「ザ・キャビン」のシグ二チャープレートと同一の竹のデザインが施さ れたもの。長く細い持ち手部分のないワイングラスが初めて採用され、ワインがより香り立つようになった。ステンレススチール製のナイフやフォーク類、テー ブルリネンも一新された。特徴的な丸い小石型の塩と胡椒入れは引き続き採用され、新デザインにも調和している。

 

羽毛布団、毛布、枕、クッション類も刷新され、快適性を追求しながらもキャビンの室内の雰囲気に調和するものが選択された。

 

お問い合わせ先

本件に関する本件に関する報道、メディア関係のお問い合わせは:
『キャセイパシフィック航空』広報
エンゴー株式会社  担当:大浜譲治、坂本徳土
TEL: (03) 6277-8118/FAX: (03) 6277-7352