Jump to main content

キャセイパシフィック航空 10年連続で「ケアリング・カンパニー賞」を受賞

2012年05月18日

キャセイパシフィック航空は、香港社会事業協会(The Hong Kong Council of Social Service)より、社会的責任を全うした企業に贈られるケアリング・カンパニー賞(Caring Company Award)を2002年以来10年連続で受賞した。この賞は、香港特別行政区政府保安局の李少光(アンブローズ・リー)保安長官の出席の下、香港社会事業協会によって開催された「ケアリング・カンパニー NGOパートナーシップ・デイ」の授賞式の場で授与された。

キャセイパシフィック航空は、同協会が2003年にケアリング・カンパニー構想を立ち上げてから、ケアリング・カンパニーのロゴを毎年受賞してきた。同航空は、最も権威のある「トータルケアリング賞(Total Caring Award)」を2010年に受賞。今年は地域社会や従業員への福祉、環境保全への絶え間ない取り組みが再び評価され、社会貢献構想をスタートさせてから10年目に記念すべき10年連続の受賞となった。なお、今回の受賞にあたり、キャセイパシフィック航空は、ユニセフ香港委員会、香港赤十字社、など、7つのNGO団体からの推薦を受けた。

 

キャセイパシフィック航空のクインス・チョンコーポレート業務担当取締役は「このように傑出した社会団体の推薦を受け、キャセイパシフィック航空が10年連続でケアリング・カンパニーのロゴを香港社会事業協会から授与されたことは光栄であり、特別な感慨を持っている。我々は社会的責任を全うすべき企業としての深く長い取り組みを行っており、地域社会、環境、従業員に対するあらゆる分野でその取り組みを実行に移すべく、多大な努力を積み重ねてきた。香港社会事業協会からの今回の栄誉ある受賞は、我々が次の段階に向かってその取り組みを一層持続させる上で、大きな励みとなるだろう」と語っている。

 

同航空がCSR活動において明確な取り組みを行ってきたのは、以下の分野。

 

地域社会への貢献

キャセイパシフィック航空では航空事業ならではの独自性を活かし「CXボランティア」と呼ばれるボランティアチームによる様々な分野でのコミュニティー活動をスタッフに奨励している。地域社会の特定のニーズに応える小さなプロジェクトから、青少年に航空業界に関する知識を習得させながら各地域でのボランティア活動に従事させる同航空の代表的なプログラムである「I Can Fly」、中学生の英会話力を向上させるための「English on Air」など幅広く展開している。2004年から2011年にかけて同航空のスタッフがボランティア活動に費やした時間の合計は210,000時間以上にのぼっている。

 

機内における募金活動プログラムであるキャセイパシフィック航空/ユニセフ「チェンジ・フォー・グッド」による同航空のフライト利用客からの募金総額は1991年の開始以来、9,100万香港ドル(1香港ドル=約10.3)を超えている。集められた募金は世界150を超える途上国でのユニセフのプロジェクトに活用されている。同航空はまた、四川地震や昨年日本で起きた地震と津波などの大規模な災害の後、その他の幅広いチャリティー募金を行うとともに、募金集めの活動に参加している。

 

従業員へのケア

同航空ではモチベーションの高い強力なチームに誇りをもっており、最高の人材を集めることに尽力している。働きがいのある労働機会を提供するため、前向きな意欲を喚起させる職場環境や自己啓発法とトレーニングを備える一方、福利厚生、カウンセリングサービス、およびレクリエーションや社会活動の機会も全従業員に幅広く提供している。

 

環境への配慮

同航空では環境への負荷を最小限にとどめるための様々な取り組みにも力を入れており、地上でも、機上でも環境にやさしい対策を実施している。二酸化炭素の発生を押さえるために、最新鋭機の導入、燃費効率の良い運航ルートの選択、機材に積み込む重量をなるべく軽量化する取り組みを行うとともに、機内でのリサイクルプログラムを実施している。同航空はフライトで排出される二酸化炭素をオフセット(相殺)するための「FLY greener」プログラムをアジアで最初に導入した航空会社である。乗客は利用するフライトから排出される二酸化炭素を現金やマイレージの寄付を通じてオフセットすることができる。

 

同航空のCSR活動の取り組みに関する情報は、ホームページ【www.cathaypacific.co.jp】の企業情報ページ 内にある“持続可能な社会への取り組み”からPDFファイル形式(英文)でダウンロード可能となっている。

 

お問い合わせ先

本件に関する本件に関する報道、メディア関係のお問い合わせは:
『キャセイパシフィック航空』広報
エンゴー株式会社  担当:大浜譲治、坂本徳土
TEL: (03) 6277-8118/FAX: (03) 6277-7352