Jump to main content

プレスリリース

キャセイパシフィック航空 プレミアム・エコノミークラス向けにG.O.D.デザインによる新アメニティキットを発表

2012年10月26日

キャセイパシフィック航空は、地元香港生まれのブランド、G.O.D.(Goods of Desire)が特別にデザインを手掛けたプレミアム・エコノミークラス向けの新アメニティキットを発表した。香港発着の長距離路線へ導入中のプレミアム・エコノミークラスで10月中旬より順次提供開始となる。

G.O.D.とのコラボレーションによる新しいアメニティキットのデザインは東洋と西洋、伝統と最先端技術が交差する香港ならではの活気に満ちた文化からインスピレーションを得ている。ダグラス・ヤングとベンジャミン・ラウが香港で立ち上げたブランドG.O.D.は1996年の設立以降、世界各国の様々な都市で店舗を展開しており、栄えある賞に輝く数多くの製品を取り揃えている。

                

キャセイパシフィック航空のプロダクト担当ジェネラルマネージャーを務めるトビー・スミスは「香港のホームキャリアであるキャセイパシフィック航空は、香港独自のデザインや独創性に富んだ文化を支持しており、楽しくニッチなライフスタイル・デザインで知られるG.O.D.とプレミアム・エコノミークラスの組み合わせは絶妙なコンビネーションと言える。G.O.D.デザインによる特製アメニティキットは、向こう1年の間で香港出発便に2種、香港到着便で2種類の計4種を提供していく予定で、乗客が利用するたびに異なるデザインのアメニティキットを収集することを楽しみにしてもらえればと願っている」と述べている。

                

各種のアメニティグッズが入ったバッグの裏側にはボタンが装着されており、別のバッグを繋げることができ、全種類のキットを収集すると最終的には壁掛けアクセサリー入れが完成するという手の込んだ工夫が施されている。

                

提供開始当初に配られる2種類のキットは「Joy=喜び」および「Fortune=幸運」という名称で呼ばれ、香港出発便で提供される“Joy”は中国の神々が機内でコーヒーを飲んだり、コンピューターを使ったり、読書をしてくつろいでいる姿が描かれている。一方、香港到着便で配布される“Fortune”は中国で縁起が良いとされる雲をモチーフとするデザインが施されている。

                

アメニティバックの原材料の90%以上はリサイクルされたペットボトルからできており、歯ブラシの主な原材料には土に戻してリサイクル可能なコーンスターチやセルロースを採用し、あわせて生産に必要な原料を少なく抑えることに成功している。

                

「キャセイパシフィック航空では、常により環境に優しい機内プロダクトの提供を模索しており、外観の見栄えだけではなく、環境への影響が少ない製品を採用していく」と加えている。

 

お問い合わせ先

本件に関する本件に関する報道、メディア関係のお問い合わせは:
『キャセイパシフィック航空』広報
エンゴー株式会社  担当:大浜譲治、坂本徳土
TEL: (03) 6277-8118/FAX: (03) 6277-7352