Jump to main content

キャセイパシフィック航空 航空券の予約変更機能をインターネット上で提供するアジア初の航空会社に

2010年08月10日

キャセイパシフィック航空は、同社ウェブサイトでオンライン購入された航空券の変更及び再発行を、ウェブ上のカレンダー表示機能を通して可能とするアジア初の航空会社となった。同航空のウェブサイトからオンライン購入した航空券については、未使用でも一部区間使用済でも、運賃規則に応じて搭乗便もしくは搭乗日の変更をすることができるようになる。

 

これまでオンラインで購入された航空券の予約変更手続きは、同航空の予約発券センターでしか行えなかった。今後は出発便/到着便を問わず、片道や往復、場合によっては他社運航によるコードシェア便を含む旅程等、乗客が自分自身でキャセイパシフィック航空便の予約変更を行うことが可能となる。変更の可否、追加料金等の諸条件については通常の運賃規則が適用される。

 

新たに導入される予約変更機能は6月より北米で試験導入されており、すでに米国およびカナダの利用客より好評を博している。今後は北米に続きシンガポール、オーストラリア、ニュージーランド、英国とヨーロッパに導入されることが決定している。日本には2011年の第一四半期に導入予定で、2011年の第二四半期には同航空ネットワーク全域で使用可能となる予定である。

 

キャセイパシフィック航空eビジネス担当マネージャーのローレンス・フォンは、「弊社ウェブサイトを通じて、フライトの予約をはじめとする旅行の手続きを自らで行うお客様の数は増え続けている。我々は旅行者が自身の旅程に合わせて自由に予約の変更ができる機能を提供するアジア初の航空会社となることを喜ばしく思う。引き続き旅行客がオンラインで利用できる機能・サービスを拡大していきたい」と述べている。

 

予約の変更手続きはウェブサイトの「予約記録の確認・更新」から「予約の変更」タブをクリックする。これにより航空券の変更可否の確認、カレンダー表示によるフライトの選択、運賃の再計算、違う券種に変更する場合の追加料金、Eチケットの再発行等の各種サービスが利用可能となる。

 

「予約記録の確認・更新」機能は2009年に導入され、フライトの最新状況の確認、予約やフライトに変更が生じた際に、変更内容の連絡先となる個人情報の更新が可能である。また特別食など必要なサービスの申し込み手続き、トラベル・アラート、渡航関連情報、手荷物やビザに関する情報の閲覧も可能となっている。

 

お問い合わせ先

本件に関する本件に関する報道、メディア関係のお問い合わせは:
『キャセイパシフィック航空』広報
エンゴー株式会社  担当:矢島瑠衣子、坂本徳土
TEL: (03) 6277-8118/FAX: (03) 6277-7352