Jump to main content

プレスリリース

キャセイパシフィック航空 役員人事異動を発表

2010年05月28日

キャセイパシフィック航空は、取締役級を含む71日付け人事異動を発表した。

 

セールス&マーケティング担当取締役であるジェームズ・バリントンは経営企画担当取締役となる。代わってルパート・ホグ貨物担当取締役がセールス&マーケティング担当取締役となる。情報管理担当ジェネラルマネージャーであるトーマズ・スマズニーは情報管理担当取締役に昇格し、エドワード・ニコル情報管理担当取締役はスワイヤー・グループでの35年の勤務を終え退職する。フライトオペレーション部門では、現在乗務員担当ジェネラルマネージャーを務めるリチャード・ホールがフライトオペレーション担当取締役に、フライトオペレーション担当取締役であるニック・ローズは貨物担当取締役に異動となる。

 

経営企画担当取締役のイアン・シウはジョン・スワイヤー・サンズ(香港)社のシニアディレクターに任命され、香港のスタッフ関連事項および中国本土と台湾での戦略的発展を統括する職務を担当する。今回の役員人事異動対象者の略歴は次のとおり。

 

【ジェームズ・バリントン  –  経営企画担当取締役】

ジェームズ・バリントンは1982年にスワイヤー・グループに入社。貨物担当ジェネラルマネージャーなどキャセイパシフィック航空本社や海外オフィスでの要職を歴任。2000年よりセールス&マーケティング担当取締役を務めている。

 

【リチャード・ホール  –  フライトオペレーション担当取締役】

ホール機長は198810月にキャセイパシフィック航空に入社。フライングジェネラルマネージャー、ボーイング747-400型機チーフパイロット、エアバスチーフパイロットなどフライトオペレーション部門での要職を歴任。同航空で機長になったのは1993年。1995年より積極的に運航乗務訓練に取り組んでおり、20089月より乗務員担当ジェネラルマネージャーを務めている。

 

【ルパート・ホグセールス&マーケティング担当取締役】

ルパート・ホグは1986年にスワイヤー・グループに入社。キャセイパシフィック航空では1988年から1997年の間に香港、韓国、タイ、インドに赴任し、要職を歴任。さらにジョン・スワイヤー・サンズ社の完全子会社であるジェームズ・フィンレー社で社長(マネージングディレクター)を務めた後、2008年に貨物担当取締役としてキャセイパシフィック航空に復帰した。

 

【ニック・ローズ  -  貨物担当取締役】

ニック・ローズは1980年にスワイヤー・グループに入社し、キャセイパシフィック航空の様々な部門での要職を歴任。20031月にフライトオペレーション担当取締役に着任する前の5年間はフライトオペレーション部門の乗務員担当ジェネラルマネージャーとして活躍した。

 

【イアン・シウ  -  ジョン・スワイヤー・サンズ(香港)社のシニアディレクター】

イアン・シウは1978年にキャセイパシフィック航空に入社。同航空のロンドン、シンガポール、ベネルクスでの勤務を経験。1999年から2008年まで収益管理・セールス&ディストリビューションジェネラルマネージャーを務めた後、経営企画担当取締役に着任。

 

【トーマズ・スマズニー  -  情報管理担当取締役】

情報技術を専門とするスマズニー は200810月に情報管理担当ジェネラルマネージャーとしてキャセイパシフィック航空に入社。数々の最高情報責任者(Chief Information Officer)を歴任し、香港本社に着任する前にはニュージーランド、ウェリントンに拠点を持つオーストラリア・ニュージーランド銀行グループの最高情報責任者(CIO)を務めていた。

 

お問い合わせ先

本件に関する本件に関する報道、メディア関係のお問い合わせは:
『キャセイパシフィック航空』広報
チャプターワン 担当:矢島瑠衣子、坂本徳土
TEL: (03) 5148-1612/FAX: (03) 5148-1615