Jump to main content

プレスリリース

キャセイパシフィック航空 ヨンキーレストランと“ベスト・チャイニーズ・フード・イン・ザ・エア”機内食プロモーションを開始

2010年02月03日



キャセイパシフィック航空は、香港の老舗レストラン“ヨンキー(Yung Keeと協力し、ファーストクラス、ビジネスクラスの乗客に向けて新たな機内食プロモーション“ベスト・チャイニーズ・フード・イン・ザ・エア(Best Chinese Food in the Air)”を発表した。

 

「ベスト・チャイニーズ・フード・イン・ザ・エア」のコンセプトは、キャセイパシフィック航空の機内食で提供される中華料理の種類と品質を継続的に強化するのと同時に、香港を世界のグルメ都市の1つとしてプロモートする目的で2000年に開始された。過去10年にわたって、同航空は乗客に香港の本場の味を提供するため、香港の有名レストラン、シェフ、食の専門家と一連の中華料理のプロモーションに取り組んできた。

 

今回で4度目となる同航空とヨンキーのプロモーションでは、レストランでも人気のメニューが数種類提供される。ヨンキーは香港で最も有名で象徴的なレストランの1つで、1950年代から香港料理の代表的存在と位置づけられている。また2010年にはその素晴らしい料理が評価され世界に名高いミシュランガイドより1ッ星を獲得している。

 

キャセイパシフィック航空は21日から430日まで香港発のすべてのフライトの機内食メニューに、ガチョウの蒸し煮 タロ芋とプラムソース; 蒸し鶏のスライス 金華ハムと竹の子添え; アワビとガチョウのレバーロール; 車エビのソテー 宮保(クンポ)ソース; 蒸しタラの切り身 金豆ソースがけ; 蒸し鶏とガチョウのレバーソーセージ ライスのせなど、およそ30種類の人気メニューを提供する。

 

キャセイパシフィック航空のケータリング企画&コンセプトデザインマネージャーであるブレンダン・ダフィーは「ベスト・チャイニーズ・フード・イン・ザ・エア”プロモーションで素晴らしい機内食が提供できることは喜ばしく、また、再度ヨンキーレストランの協力の下に魅力的なメニューを取り揃えることができ嬉しい限りである。我々もヨンキーも最高級の商品提供に定評があり、今回の最新のコラボレーションの成果は乗客に喜ばれると確信している」と述べている。

 

ヨンキーのディレクター&ジェネラルマネージャーであるキンセン・カムは「4度目となるベスト・チャイニーズ・フード・イン・ザ・エアをキャセイパシフィック航空と協力して提供できることは光栄である。ヨンキーレストランは創業68周年を迎えようとしており、今回のコラボレーションは中華料理を海外に広く紹介し、食のパラダイスである香港の評判を高める絶好の機会となる」と述べている。

 

キャセイパシフィック航空では美味しい機内食に加えて、料理をひきたてる素晴らしいワインのセレクションも揃えている。厳選された商品を宅配するディスカバー・ザ・ショップ・ホーム・デリバリー・サービス(Discover the Shop Home Delivery Service) ”を利用すれば機内で飲んだワインをオンラインで注文して家でも楽しむことができる詳細はキャセイパシフィック航空のウェブサイトwww.cathaypacific.co.jpオンラインショップ/免税品”Discover the Shop” で案内している。

 

お問い合わせ先

本件に関する本件に関する報道、メディア関係のお問い合わせは:
『キャセイパシフィック航空』広報
チャプターワン 担当:矢島瑠衣子、坂本徳土
TEL: (03) 5148-1612/FAX: (03) 5148-1615