Jump to main content

プレスリリース

キャセイパシフィック航空 大阪就航50周年を祝してゴールデンウィークに記念臨時便を運航

2010年03月03日

  

今年の41日に大阪就航50周年を迎えるキャセイパシフィック航空は、ゴールデンウィーク最中の52日、香港への記念臨時便を関西国際空港から運航する。運航機材はエアバスA330-300(総座席数:311席)、往路は大阪発1050分、復路は55日香港発1500分を予定している(政府認可申請中)。

 

 大阪就航50周年の記念臨時便には、すでに主要旅行会社3社が販売している香港、マカオへの34日のツアー商品への参加者が乗り込む。ツアー商品にはフライト利用クラスや滞在ホテルや観光オプションなどに豊富な選択肢を揃えることで幅広い客層への訴求を図りながら、連休中の旺盛な海外旅行需要を取り込む。ツアー参加者にはもれなくキャセイパシフィック航空のオリジナルグッズも用意される。

 

 これに先立ち、同航空では記念すべき大阪就航50周年に際して「アジア・マイル」のボーナスマイル・キャンペーンも実施中。331日までに大阪を出発して香港、または台北へ往復利用すると、就航した年にちなんだ「1,960」のボーナスマイルが加算される。詳細についてはキャセイパシフィック航空のウェブサイト【http://www.cathaypacific.co.jp】の“おすすめ情報”で案内している。

 

さらに今夏に向けては関西国際空港会社の全面協力の下、空港内の展望ホールで大阪就航時から現在までの軌跡を写真で振り返る“CXギャラリー”、記念コラボレーショングッズの販売、ファミリー向けイベントなどを開催予定。その後もキャセイパシフィック航空にとって最重要市場のひとつである関西地域で大阪就航50周年に関連した各種イベントや販売促進活動を展開していく。

 

196041日に大阪就航を果たしたキャセイパシフィック航空は、大阪国際空港(伊丹)へ国際定期便を乗り入れた最初の航空会社で、現在は関西国際空港と香港を結ぶ路線で台北経由便を含めて毎日3便を運航している。

 

お問い合わせ先

本件に関する本件に関する報道、メディア関係のお問い合わせは:
『キャセイパシフィック航空』広報
チャプターワン 担当:矢島瑠衣子、坂本徳土
TEL: (03) 5148-1612/FAX: (03) 5148-1615