Jump to main content

プレスリリース

キャセイパシフィック航空 ラン航空とのコードシェアにより南米にネットワークを拡大

2010年05月14日

キャセイパシフィック航空は、oneworldTMアライアンスパートナーであり南米を代表する航空会社であるラン航空とのコードシェア提携によりチリ共和国の首都サンティアゴが運航ネットワークに加わると発表した。

 

本提携にもとづき、517日よりラン航空が運航するサンティアゴと主要玄関口である3都市オークランド(ニュージーランド)、ロサンゼルス、ニューヨークを結ぶ3路線には同航空の便名「CX」が加わる。また同様に、キャセイパシフィック航空が運航する香港とオークランド、ロサンゼルス、ニューヨークを結ぶ3路線にはラン航空の便名「LA」が加わる。

 

今回のコードシェア提携により同航空は南米市場に初参入することとなり、利用者には香港ハブの利便性の向上とさらなる乗り継ぎの選択肢を提供する。

 

キャセイパシフィック航空のトニー・タイラー最高経営責任者は「oneworldアライアンスのパートナーであるラン航空とのコードシェア提携を喜ばしく思う。南米は我々の旅客便運航ネットワークとしては未開の市場であるが高い潜在成長力を感じている。また今回の提携は同アライアンスの加盟航空会社だけでなく利用者にとっても有益であることを証明するものとなる」と述べている。

 

ラン航空のエンリケ・クエト最高経営責任者は「アジアで多くの称讃と尊敬を得ている航空会社であるキャセイパシフィック航空との関係を一歩前進できたことを大変喜ばしく思う。2社間のコードシェア提携は顧客にとっての利便性を高め、南米とアジアの効率的なネットワークを形成し、ビジネスとレジャー双方の旅客にとって選択肢を広げるだけでなく、2国間の通商やビジネスの発展をも後押しするものとなる」と述べている。

 

キャセイパシフィック航空とラン航空は世界を代表する航空アライアンスoneworldの正規加盟航空会社である。2社の利用客はoneworld加盟航空会社利用特典の一環としてどちらの運航便の利用分についてもマイルの積算・交換はもちろん、両航空のいずれの空港ラウンジも利用可能となっている。

 

お問い合わせ先

本件に関する本件に関する報道、メディア関係のお問い合わせは:
『キャセイパシフィック航空』広報
チャプターワン 担当:矢島瑠衣子、坂本徳土
TEL: (03) 5148-1612/FAX: (03) 5148-1615