このウェブサイトのクッキーは無効に設定されました。より快適にご利用いただくためには、クッキーの設定を有効にしてください
ご利用のウェブブラウザをアップグレードしてください
サポートされていないブラウザを使用しています。このサイトを最大限にお楽しみいただくには、サポートされているブラウザを参照 してください。

リチウム電池を手荷物として持ち運ぶ

受託手荷物には、交換用リチウム電池を絶対に入れないでください。 機内持ち込み手荷物 に交換用リチウム電池を入れて持ち運ぶ際の制限と条件に関する詳細についてご確認ください。

携帯電話などの機器に内蔵されるリチウムイオン電池の充電に使用するパワーバンクなどの携帯型充電器(リチウム電池内蔵)は、交換用リチウム電池とみなされるため受託手荷物としてお持ちいただくことはできません。

リチウム電池とは、カメラやノートパソコン、携帯電話、携帯音楽プレーヤーなどで一般的に使用されている電池です。充電式のリチウムイオン電池と、使い捨てのリチウム金属電池の2種類があります。 リチウム電池を手荷物として持ち運ぶ 際の詳細についてご確認ください。

1個あたり160Whまたは2gを超えるリチウム電池は、手荷物として持ち運ぶことはできません。 車椅子などの移動補助装置 に関する情報の詳細についてご確認ください。

リチウム電池に関する情報(ワット時定格量またはリチウム含有量)とUN試験に関する情報を必ずお手元にご用意ください。これらの情報は電池に表示されているか、機器のバッテリーデータシート、使用説明書などに記載されています。詳しい情報については、 こちら をクリックしてください。

機器に装着しているリチウム電池については、かならずスイッチをオフにしてください。その際、手荷物内で誤って作動することがないよう対策を講じてください。機内持ち込み手荷物でのみ持ち運びが認められている交換用リチウム電池については、電気のショートを防止するため、全ての端子に保護対策を講じてください。リチウム電池を手荷物に入れる際の注意事項の詳細についてご確認ください。

交換用電池(「外れた」電池ともいう)とは、機器本体に装着していない電池のことをいいます。例については、 こちら をクリックしてください。